ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

アカデミアヒルズCC・綾上GCニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
旧・ハザマのグループ会社
潟Aカデミアヒルズ、綾上開発梶A民事再生法を申請。
負債224億円。

(2003.10/17  帝国データ―バンクより)
 旧・間組の子会社で、ゴルフ場経営の(株)アカデミアヒルズ(資本金3億2000万円、東京都港区北青山2-5-8、上野光明社長、従業員50人)と綾上開発(株)(資本金5000万円、東京都港区北青山2-5-8、森武彦社長、従業員50人)の2社は、10月17日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は服部弘志弁護士(東京都中央区銀座1-8-14、電話03-3561-8686)ほか。監督委員は加々美博久弁護士(東京都港区虎ノ門3-8-21、電話03-3437-2211)が選任されている。

 (株)アカデミアヒルズは、ゼネコンの旧・間組(呼称・ハザマ)が千葉県君津市でのゴルフ場経営を目的として、1988年(昭和63年)11月に設立された。98年10月に「アカデミアヒルズカントリークラブ」(千葉県君津市、18H)をオープン。同コースは、プロゴルファーの青木功氏が設計・監修したことで知られ、2000年3月期には年収入高約4億7700万円、2003年同期の年収入高も約4億5000万円を計上していた。しかし、ゴルフ場建設時の借入金について、当初はゴルフ会員権の販売で賄う予定であったが、計画通りに進行せず、借入負担が重荷となっていた。

 綾上開発(株)は、旧・間組が四国地区でのゴルフ場経営を目的として、1988年(昭和63年)8月に設立され、96年7月に「綾上ゴルフ倶楽部」(香川県綾歌郡、18H)として営業を開始。コースは、130万uの敷地に自然のアンジュレーションや近代アメリカの新しさをミックスしてレイアウトされ、オープン後、初めての決算となる97年3月期には約9億900万円の年収入高を計上。しかし、その後の長引く景気低迷や近隣ゴルフ場との競合などからプレー収入の減少が続き、2003年同期の年収入高は約4億1400万円にまでダウンしていた。また、当初予定していた会員数の獲得が計画を下回ったことなどで資金計画に狂いが生じ、親会社に対するゴルフ場の建設代金約38億円の支払いが滞るなど厳しい資金繰りを余儀なくされていた。

 こうしたなか、10月1日に間組が会社分割を行い、建設事業は新・間組に引き継がれ、2社については旧・間組(現商号=青山管財(株))の100%子会社となっていたが、グループの再建計画のなかで今回の措置となった。

 負債は(株)アカデミアヒルズが約119億円、綾上開発(株)が約105億円で2社合計では約224億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。