ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。
カントリークラブザ・ファースト、会社更生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
潟Jントリークラブザ・ファースト、会社更生手続き開始決定受ける
(2005.02/22 帝国データ―バンクより)
 (株)カントリークラブザ・ファースト(資本金1000万円、千葉県木更津市真里谷4345-3、代表小野浩一氏、従業員62人)は、1月31日に整理回収機構から東京地裁へ会社更生法を申し立てられていたが、2月21日に同地裁より更生手続き開始決定を受けた。

 更生管財人は土岐敦司弁護士(東京都千代田区神田司町2-10-8、電話03-5298-8833)。

 当社は、2000年(平成12年)4月に設立されたゴルフ場経営業者。97年9月にオープンした別会社が経営するゴルフ場の営業譲渡を受け、ゴルフ場「カントリークラブザ・ファースト」(18ホール)の経営を手がけ、2003年3月期には年収入高約5億円をあげていた。

 しかし、この間の2001年12月にはメーンバンクの石川銀行が経営破綻、2003年3月には同ゴルフ場の開発をめぐる同行の不正融資事件で当社社長(当時)が逮捕されたほか、同行からの借入金が整理回収機構へ移管されていた。

 このため、2003年5月には現経営陣が、当社の株式を取得して再スタートしていたが、整理回収機構からの多額の借入金返済のメドが立たず、今回の措置となった。

 負債は約100億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。