ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

茅ヶ崎GC・美奈木GC・京都GC・日野GCニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
観光日本梶A民事再生法を申請。負債240億9200万円。
(2003.01/28  帝国データ―バンクより)
 ゴルフ場経営の観光日本(株)(資本金8000万円、東京都中央区日本橋3−4−13、安達雅克社長、従業員225人)は、1月28日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

 申請代理人は小林信明弁護士(東京都千代田区麹町1−6−9、電話03-3238-8515)ほか。

 同社は、1948年(昭和23年)5月に設立されたゴルフ場経営業者。「京都ゴルフ倶楽部(京都市北区、1949年オープン)、「日野ゴルフ倶楽部」(滋賀県蒲生郡、1971年オープン)、「茅ヶ崎ゴルフ倶楽部」(神奈川県茅ヶ崎市、1957年オープン)、「美奈木ゴルフ倶楽部」(兵庫県三木市、1989年オープン)の4つのゴルフ場を経営していた。各ゴルフ場とも立地条件は良好で、歴史の古い名門コースとして知られ、「日野ゴルフ倶楽部」はプロゴルフトーナメント“日本オープン”も開催されたこともあり、92年3月期には年収入高約46億7100万円をあげていた。

 しかし、近年は競合激化により客単価が落ち込み、2002年同期の年収入高は約28億8300万円に落ち込み、損益面も連続赤字決算を余儀なくされていた。

 こうしたなか、預託金の償還問題から、近年は会員からの預託金の返還要求も相次ぎ、一部会員からは返還訴訟を起こされるなど、資金状況の悪化に歯止めがかからずにいた。

 このまま放置すれば、預託金債権者間の公平に反するとの判断から、コースの営業を継続し、会員のプレー権を確保するため、民事再生法の申請となった。

 2002年3月期時点の負債は約240億9200万円。
観光日本鰍フ再生計画案可決、早期の名変再開目指す!
(2003.9/17 ゴルフ特信より)

 観光日本梶i東京都中央区日本橋3の4の13、安達雅克代表、資本金8000万円、申請代理人=小林信明弁護士、03・3238・8111)の債権者集会が9月17日に開かれ、賛成多数で再生計画案が可決、即日東京地裁の認可決定を受けた。

 決議結果は、出席債権者数6609名の内99・3%に当たる6560名の賛成、議決権総額では88・7%の賛成で可決要件を満たした。

 同社は、京都GC上賀茂C(18H、京都)、茅ケ崎GC(9H、神奈川)、京都GC舟山C(18H、京都)、日野GC(36H、滋賀)、美奈木GC(18H、兵庫)の5コースを経営。計画案は本紙4142号既報通り自主再建型で、会員に関する再生条件は、¢゙会会員に対しては一般再生債権者と同様に「預託金を92・2%カットし、残り7・8%を平成16年から23年まで8回に分けて弁済するとしている。一方、′p続会員の預託金はカットしないが、預託金の償還期限が「平成24年3月末日」まで延長され、その後は「毎年一定程度」(概ねキャッシュフローの金額の80%)を原資として償還し、原資を超える場合は抽選償還するとの内容になっている。

 ちなみに、同社は名変再開時期を今年末から来年早々としていたが、会員や会員権業者から早期再開の要望が多数寄せられていることから、同社では「同計画案の認可決定の確定後、できるだけ速やかに名変を再開する方針となった」と語っている。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。