ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフ

長太郎カントリークラブ、民事再生法を申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
長太郎ゴルフ梶A民事再生法を申請、負債180億円
(2006.04/12 帝国データ―バンクより)
 長太郎ゴルフ(株)(資本金1億円、千葉県成田市奈土1413-1、登記面=千葉県船橋市本郷町465、代表氏家顕太郎氏)は、4月11日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は野中信敬弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20、電話03-3288-5228)ほか2名。

 当社は、1972年(昭和47年)8月に千葉県内の飲食店経営業者によって設立されたゴルフ場経営会社。79年10月に千葉県香取郡(現:成田市)に会員制ゴルフ場「長太郎カントリークラブ」(18H)をオープンし、89年3月期には年収入高約10億900万円をあげていた。

 その後、千葉県夷隅郡(現:いすみ市)に「小倉山カントリークラブ」(仮称)の開発を計画し、96年11月に着工したものの、計画が頓挫し工事は中断。このため、2003年12月に同ゴルフ場向けに取得した土地を売却したものの売却損が発生し、2004年同期は約116億2400万円の最終赤字となった。また、近年は来場者数の減少などから2005年同期の年収入高は約5億2000万円にとどまっていた。

 こうしたなか、2005年9月に当社株式の大半を保有していた県内の飲食店経営業者グループが株式を投資会社へ譲渡し、以降のゴルフ場運営事業については、大手ゴルフ場運営会社へ委託していた。

 しかし、多額の負債を抱え、預託金償還を巡り一部が訴訟問題に発展したことなどから自主再建を断念、今回の措置となった。

 負債は預託金約60億円を含め約180億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp