ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

富士カントリー出島倶楽部・富士カントリー市原倶楽部、特別清算法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
今年最大の倒産、富士カントリー梶A特別清算を申請、負債1800億円
(2004.12/16 帝国データ―バンクより)
 富士カントリー(株)(資本金12億円、愛知県名古屋市中区錦3-23-31、清算人梅田吉道氏、従業員400人)は、12月15日に開催された臨時株主総会で解散を決議し、同日東京地裁へ特別清算を申請した

 申請代理人は中村清弁護士(東京都港区虎ノ門1-26-5、電話03-3580-1021)ほか5名。

 当社は、1971年(昭和46年)12月に設立された。岐阜県恵那郡に明智ゴルフ場(77年7月別法人化)をオープンしたのを皮切りに、バブル崩壊後まで国内に12社25コースを、開発や買収の手法で傘下にしてきた。

 戦略性に富んだコース設計が話題となりプロトーナメントが開催されたこともあり、中部地区での知名度は高く、地元財界の社交場としての風格も有し、最盛期の97年11月期には、来場客の勧誘などの営業力を強化したほか、グループ企業の会員権受託販売事業が堅調だったことにより約115億5500万円の年収入高をあげていた。

 近時は、直営のゴルフ場3か所(小萱チェリークリークカントリークラブ〈岐阜県可児市、18ホール〉、富士カントリー出島倶楽部〈茨城県新治郡、18ホール〉、富士カントリー市原倶楽部〈千葉県市原市、18ホール〉)の運営のほか、同ゴルフ場及びグループ会社のゴルフ場内のレストランなどの経営を行っていたが、来場客の漸減傾向、プレーフィー単価の低下、付帯するレストラン収入の減少、受託会員権事業の低調などの要因が重なったため、2003年同期の年収入高は約78億1900万円にとどまっていた。

 また、コース開発や買収資金に加え、グループ企業の資金調達窓口としての役割も担っていたことなどから借入金は高水準となっており、その間到来した会員権の償還期限も分割や株式化によって対応してきたが抜本的な解決策とはなりえず、資金事情は慢性的に厳しかった。

 なお、運営する3つのゴルフ場はオリックスグループに資産譲渡され、会員のプレー権は確保されている。

 負債は保証債務を含めて約1800億円。

 また、不動産業の(株)三正(負債1400億円、東京、7月破産)を抜いて今年最大の倒産となった。
ゴルフ場経営、ゴルフコース保守管理、富士カントリーグループ
富士グリーン梶A民事再生法を申請、負債375億円
 富士グリーン(株)(資本金2億5000万円、愛知県名古屋市中区錦3-23-31、代表片桐克久氏ほか1名、従業員175人)は、12月17日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は中村清弁護士(東京都港区虎ノ門1-26-5、電話03-3580-1021)。

 当社は、1968年(昭和43年)7月に設立された。富士カントリーグループのゴルフ場コースの保守管理を主力に、ゴルフコースの排水工事、芝張替え工事、グリーン改良工事などのほか、「富士カントリー榊原温泉ゴルフ倶楽部」(三重県久居市、18ホール)を所有し、98年12月期の年収入高は約44億8200万円を計上していた。

 しかし、近時は富士カントリーグループの不振の影響もあって、主力業務であるゴルフ場保守管理の受注が減少、2003年12月期の年収入高は約30億7900万円に落ち込んでいた。

 今期に入り、関係会社の富士カントリー(株)へ運営委託していた「富士カントリー榊原温泉ゴルフ倶楽部」の運営を引き継いだが、ゴルフ場の開発などに伴う借入金が重荷となり、慢性的な資金繰り難に陥っていた。

 負債は2003年12月期末で約375億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。