ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

富士カントリー大多喜城ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
(有)富士カントリー大多喜城ゴルフ倶楽部、民事再生法を申請、負債274億円
(2004.12/07 帝国データ―バンクより)
 (有)富士カントリー大多喜城ゴルフ倶楽部(資本金2億円、中央区京橋1-5-5、登記面=千葉県夷隅郡大多喜町上原1090、代表吉村昌晴氏、従業員43人)は、12月6日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は船橋茂紀弁護士(千代田区丸の内1-3-1、電話03-5219-5634)。

 当社は、1986年(昭和61年)1月に創業、同年9月に法人改組されたゴルフ場経営業者。富士カントリー(株)(愛知県名古屋市、ゴルフ場経営)のグループ会社で、92年12月に「富士カントリー大多喜城倶楽部」(千葉県夷隅郡大多喜町、27ホール)をオープンした。

 法人会員主体の運営で、コンペルームなどの施設面を充実させ、98年6月期には年収入高約7億5400万円を計上していた。

 その後、利用客数、客単価ともに減少傾向をたどっていたが、2003年同期には年間来場者数約6万2000人を確保、年収入高約7億1100万円を計上していた。

 しかし、借り入れ負担が収益面を圧迫、欠損が続いていたうえ、預託金償還も重荷となり、2003年11月には会員権者に対し、会員権分割と預託金据え置き期間の延長を要請していた。

 こうしたなか、今月に入り預託金償還が開始されたが、資金繰りに余裕はなく、今回の措置となった。

 負債は約274億円。


その後・・・
 ↓
■東京都や中小企業33社がフジパンなどに11億円求め訴訟
 ↓
■東急不動産がスポンサーに
資本注入で、退会会員には預託金の5%を一括弁済。
 ↓
■平成17年7月1日よりコース名変更
冨士カントリー大多喜城倶楽部→大多喜城ゴルフ倶楽部

経営会社:冨士カントリー大多喜城ゴルフ倶楽部(代表取締社長:吉村 昌晴)

 同社は施設保有会社並びに預託金預会社として存続するが、再生計画により東急不動産鰍ェ同社のスポンサーとなり、8月1日を目途に増・減資を行い東急不動産鰍フ100%子会社となる。また、運営業務全般を鞄結}リゾートサービスに委託している。名義書換再開は平成17年11月頃を予定。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。