ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

富士河口湖ゴルフ倶楽部、破産宣告を受けた

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
富士河口湖倶楽部梶A破産宣告受ける、負債170億円
(2005.01/26 帝国データ―バンクより)
 富士河口湖倶楽部(株)(資本金2億4000万円、山梨県南都留郡鳴沢村絶頭7328-30、代表高村博道氏)は、2004年11月5日に債権者である(株)整理回収機構(RCC)から甲府地裁へ破産を申し立てられていたが、1月26日に同地裁より破産宣告を受けた。

 破産管財人は深澤勲弁護士(甲府市中央1-1-18、電話055-233-7124)ほか1名。

 当社は、1982年(昭和57年)7月に設立されたゴルフ場およびホテルの経営業者。「富士河口湖ゴルフ倶楽部」(18ホール)を86年10月に仮オープンし、翌年4月に本格オープンした。

 90年7月には、ゴルフコース隣接地に「富士河口湖ホテル」を建設して集客の拡大を図り、98年12月期は年収入高約6億2500万円を計上していた。

 しかし、近隣ゴルフ場との競合から入場者数の減少に歯止めがかからず、2003年同期の年収入高は約4億7000万円にまで落ち込んで赤字経営が続き、過去の設備投資による借り入れが重荷となり大幅な債務超過に陥っていた。

 数年前に預託金の償還期限が到来し、会員に償還期限の延期を要請して凌いできたものの、2001年3月には金融機関の債権が(株)整理回収機構(RCC)に譲渡され、以降はコースの売却など経営再建策を図ってきたが不調に終わり今回の事態となった。

 負債は預託金約125億円を含め約170億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。