ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

平川カントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
兜ス川カントリ−クラブ、民事再生法を申請、負債231億円
(2004.12/14 帝国データ―バンクより)
 (株)平川カントリークラブ(資本金3000万円、千葉県千葉市緑区平川町405、近藤勉社長、従業員23人)は、12月14日に東京地裁へ民事再生法を申請、同日、保全命令を受けた。

 申請代理人は萩原健二弁護士(東京都千代田区麹町3-2、電話03-3263-7871)ほか1名。監督委員には腰塚和男弁護士(東京都千代田区神田須田町1-13-8、電話03-3254-6788)が選任されている。

 同社は、1984年(昭和59年)12月にゴルフ場経営を目的に設立された。88年9月にゴルフ場「平川カントリークラブ」(18ホール)をオープン。千葉市中心部より車で20〜30分と比較的アクセスに恵まれた立地条件で、また92年には、ゴルフトーナメントの日本女子プロ選手権を開催するなど評価を得ていた。

 ピーク時の93年11月期には年収入高約14億7000万円を計上していたが、バブル崩壊以降の業界環境悪化などから、2003年同期は年収入高約9億2300万円に落ち込んでいた。

 この間、預託金の償還資金を金融機関からの借入金で賄ったことから、借入金の返済負担が増大し、資金繰りがひっ迫。また依然として、約176億4400万円(2003年同期末時点)にのぼる預託金の償還問題もあって、自力再建を断念した。

 負債は約231億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。