ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

鳳琳カントリー倶楽部ニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
都市環境開発梶A民事再生法を申請。負債243億円
(2003.04/07  帝国データ―バンクより)
 都市環境開発(株)(資本金7000万円、東京都中央区八重洲1-7-4、加賀宗一社長、従業員120人)は、4月4日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は栃木義宏弁護士(東京都港区虎ノ門2-7-6、電話03-3580-1331)。なお、監督委員には佐々木茂弁護士(東京都新宿区住吉町2-18、電話03-3359-0825)が選任されている。

 同社は、ゴルフ場経営を目的として1984年(昭和59年)5月に設立された。86年に着工、同年から90年にかけて会員を募集し、この間の89年9月にはゴルフ場「鳳琳カントリー倶楽部」(千葉県市原市、18H)をオープン、日本庭園をイメージした高級感のあるゴルフ場で、96年7月期の年収入高は約12億5000万円を計上していた。

 近時は、不況による業界環境の悪化やプレー費の値下げで業績は低迷、2001年同期の年収入高は約10億5000万円に落ち込んでいた。この間、人件費をはじめとして経費を大幅に削減、経営合理化に努めていた。

 しかし、預託金償還問題が発生していたことで、会員権分割と預託金据置期間の10年間延長を要請、96%強の会員の同意を得ていたが、一部の会員からは返還訴訟を起こされ、今年3月には会員権を取得しながら入会しない非会員からの返還請求において同社敗訴の判決が下されていた。このままでは全会員の公平・公正を害すると判断、今回の措置となった。

 負債は約243億円(うち預託金約223億円)。



■平成15年12月24日、再生計画認可決定の確定を受ける
 新入会者の据置期間は名義書換完了日から30年。預託金の半額減免と新証券への差し替え、新正会員額面は675万、450万、350万の3種類となり、平日会員額面は225万のみとなる。額面1800万円以上の証券については、分割後に新証券に差し替える。
 退会希望者には、毎年10月に発表される償還原資額を限度とする。償還原資額とは、当期の減価償却前利益から金融機関への返済及び法人所得税・住民税を控除した残額の35%相当額をいう。償還原資額を上回る時は、抽選。また、中間法人の設立と間接株主会員へ移行される。今春を目途に(仮称)「有限責任中間法人鳳琳クラブ」が設立される。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。