ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!


藤代ゴルフ倶楽部、民事再生法申請



ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
ゴルフ場経営、ビル賃貸管理、弘済事業
民事再生法の適用を申請、負債225億円
(2009.07/30 帝国データ―バンクより)

 弘済事業(株)(資本金5億円、取手市渋沼1393、登記面=東京都千代田区外神田1-17-15、代表小柴和彦氏、従業員12名)は、7月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は中島肇弁護士(東京都千代田区平河町2-11-11、電話03-3263-8027)。監督委員は伊藤尚弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、電話:03-3273-2600)。

 当社は、1998年(平成10年)4月に設立されたゴルフ場経営および商業ビルの賃貸管理業者。(財)鉄道弘済会の関係会社で宅地分譲開発事業を手がける弘済建物(株)のゴルフ場経営および商業ビルの賃貸管理事業を引き継ぐ目的で設立されたもので、「藤代ゴルフ倶楽部」(茨城県取手市、18ホール、パー72)の運営を手がけていた。常磐自動車道谷和原インターチェンジから車で25分、JR常磐線藤代駅から同5分と都心からのアクセスも良く、2003年3月期には年収入高約15億5100万円を計上していた。

 しかし、近年は管理する商業ビルのテナント収入が減少、2005年3月期には同収入がなくなったほか、ゴルフ場の利用客の減少も続いていた。2009年3月期には景気悪化の影響から年収入高約9億6800万円に落ち込み、ゴルフ場資産の減損処理を余儀なくされ大幅な債務超過に陥っていた。こうした中、親会社からの支援も見込めない状態となったことから今回の措置となった。

 なお、(株)アコーディア・ゴルフがスポンサーとなることで基本合意書を締結した旨の発表を同日に行っている。

 負債は約225億円。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。





ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp