ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

伊香保ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
活ノ香保ゴルフ倶楽部、民事再生法の適用を申請、負債504億円
(2007.11/02 帝国データ―バンクより)
 (株)伊香保ゴルフ倶楽部(資本金3000万円、吾妻郡東吾妻町岡崎1301、登記面=前橋市三俣町1−1−4、代表丸山昭二氏、従業員100名)は、11月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は中込秀樹弁護士(東京都中央区銀座6−5−13、電話03−5568−1616)、田邊勝己弁護士(東京都千代田区麹町1−6−9、電話03−3511−8550)ほか5名。

 当社は、大洋建設(株)(前橋市:1996年9月事業停止)のグループ会社として、1981年(昭和56年)9月に設立されたゴルフ場経営業者。84年10月にオープンした「岡崎城コ-ス」(27ホール、会員数約750名)と、92年10月にオープンした「清瀧城コース」(18ホール、会員数約1500名)の2コースの運営を手がけ、88年にはゴルフ練習場、93年には商業ビルを新築するなど、事業を拡大。90年代前半のピーク時には約30億円の年収入高を計上していた。

 しかし、母体の大洋建設(株)が96年9月に事業を停止。また、業績が悪化する中で年商を大幅に上回る借入金が収益を圧迫していた。打開策として、2003年から2004年にかけて両施設を売却するも、多額の金融債務の圧縮にメドが立たず、金融機関からの借入金もRCC(整理回収機構)やサービサーに譲渡され、新たな資金調達が困難な状況になっていた。

 近年では、不況下のレジャー支出減少や企業の経費削減などを背景として、入場者数は減少。さらに客単価の低下も加わり、2007年3月期の年収入高は約8億円にまで落ち込んでいた。「岡崎城コース」については99年および2005年以降、「清瀧城コース」については今年10月以降の償還期限に返還できず、今回の措置となった。

 負債は預託金約430億円を含む約504億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp