ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ!

五浦庭園カントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
竃ワ来、民事再生法を申請、負債292億9000円
(2005.04/26 帝国データ―バンクより)
 (株)勿来(資本金3000万円、福島県いわき市勿来町窪田大槻193-1、代表中島篤志氏、従業員70人)は、4月22日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けていたことが判明した。

 申請代理人は川端基彦弁護士(東京キ千代田区内幸町1-1-7、電話03-5251-5400)。

 当社は、1974年(昭和49年)5月に設立されたゴルフ場経営業者。グループ会社でゴルフ場を経営する東松苑(株)の当時の代表中島巌氏設計により「五浦庭園カントリークラブ」(いわき市)を90年にオープン。

 東松苑(株)(栃木県足利市)を中心に、総観(株)(栃木県足利市、ゴルフ場会員権斡旋)などとグループを形成していたが、それぞれ預託金の償還問題を抱え、2000年7月には東松苑(株)が、2002年12月には総観(株)が民事再生法を申請。
 
 当社においても来場者数の減少で収支面は低調に推移し、余裕のない運営が続くなか、ここにきて資金繰りが限界に達し、今回の措置となった。

 負債は約292億9000万円(うち預託金関連が約282億円)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。