ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

加茂ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
渇チ茂ゴルフ倶楽部、民事再生法の適用を申請、負債45億円
(2006.09/12 帝国データ―バンクより)
 (株)加茂ゴルフ倶楽部(資本金5000万円、千葉県市原市月出81、代表内田勇人氏、従業員14名)は、9月8日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は熊谷信太郎弁護士(東京都千代田区永田町2-10-2、電話03-3597-0013)ほか。

 当社は、1972年(昭和47年)11月にゴルフ場の経営を目的に設立。78年9月にオープンした「加茂ゴルフ倶楽部」(同所、18H)はプロゴルファーの青木功氏が設計・監修した丘陵コースで、84年にはプロゴルフトーナメントの関東オープンが開催され、バブル時の89年10月期には年収入高約10億7200万円を計上していた。

 しかし、近年は景気低迷による来場者数の減少などから、2005年10月期の年収入高は約3億7000万円に落ち込んでいた。

この間、稼働率の向上のため、インターネット予約を開始するほか、来場者獲得にも注力していたが、ゴルフ場改修工事の費用負担を巡り建設会社から提訴され、その後敗訴となり約1億円の支払いが発生。加えて、多額の預託金の償還のメドも立たないことから、今回の措置となった。

 負債は約45億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp