ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

金砂郷カントリークラブ
会津河東カントリークラブニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
鈴縫観光梶A民事再生法を申請。負債177億円。
(2004.02/25 帝国データ―バンクより)
 鈴縫観光(株)(資本金1000万円、茨城県久慈郡金砂郷町中利員2856-1、代表吉田和男氏、従業員68人)は、2月25日に水戸地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は友光健七弁護士(東京都新宿区新宿6-28-8、電話03-3232-6001)。なお、監督委員には植崎明夫弁護士(茨城県水戸市南町1-3-23、電話029-226-0900)が選任されている。

同社は、1973年(昭和48年)4月に、中堅ゼネコンの鈴縫工業(株)(茨城県日立市、東証2部上場)の100%出資で設立された。86年にゴルフ場「金砂郷カントリークラブ」(茨城県久慈郡、18ホール)を、91年7月には「会津河東カントリークラブ」(福島県河沼郡、27ホール)をオープン、97年3月期には年収入高約10億7900万円を計上していた。 
 
 近年、預託金償還などが問題視されていたが、99年9月に鈴縫工業(株)の出資を別企業へ売却したことで、鈴縫工業(株)の資本系列からはずれ単独の経営となっていた。 

 その後も、景気の低迷が続くなか、プレー料金の値下げも重なりゴルフ場収入が減少、苦しい運営を余儀なくされていた。こうした状況下、会員預託金を含め多額の債務負担から自力再建を断念、会員のプレー権の確保と抜本的な再建を図るべく、今回の措置となった。

 負債は約177億円(うち預託金約120億円の見込み)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。