ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ!

笠間カントリークラブ、破産手続き開始決定

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
佐藤興業梶A債権者より破産を申し立てられ、開始決定を受ける負債590億円
(2005.05/10 帝国データ―バンクより)
 佐藤興業(株)(資本金8000万円、千葉県我孫子市天王台1-5-1、登記面=東京都台東区台東3-20-8、代表佐藤尊雄氏)は、債権者より東京地裁へ破産を申し立てられていたが、5月6日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は滝久男弁護士(東京都中央区京橋1-2-5、電話03-3274-3805)。

 当社は、1958年(昭和33年)1月に不動産業を目的に創業、63年(昭和38年)1月に法人に改組した。89年にゴルフ場建設に着手し、92年10月には、茨城県笠間市に会員制ゴルフ場「笠間カントリークラブ」(18H)をオープン。94年3月期には年収入高約13億円を計上していた。

 しかし、ゴルフ場利用客の伸び悩みから、99年同期の年収入高は約10億2000万円にダウン。また、景気低迷の影響から会員募集の不振が続き、会員数は予定を大幅に下回り、ゴルフ場の開発・造成などに伴う借入金が重荷となり資金繰りは悪化していた。

 このため、資産売却を進めるなどしていたものの、99年3月期末時点で200億円を超える累積損失を抱え、大幅な債務超過に陥っていた。

 なお、「笠間カントリークラブ」は、現在も営業を継続中で、今後は別法人へ営業譲渡を検討中。

 負債は預託金などを含め約590億円。

その後の経緯

■会員への配当はなし

既報通り、今年5月6日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた佐藤興業鰍ヘ、平成17年12月14日に開かれる債権者集会の期日で破産手続きが終了する見込みとなった。

 破産管財人の滝久男弁護士によると、同興業が経営していた笠間CCは、ローンスター(LS)グループのPGPアセットホールディングスへ今年8月末に売却しており、税金や従業員給与など優先すべき債権を支払うと、会員など一般債権者への配当原資が残らないという。ゴルフ場の売却代金は明らかにしていないが、LSグループが唯一の抵当権者であった。

 なお、同CCは9月からLSグループのPGMが運営している。旧会員(約170名)の処遇については意向確認作業中としており、継続を希望する会員については年会費の支払いを条件に預託金額面無しの会員権を発行する方針としている。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。




ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp