ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
渇焜P浦出島ゴルフ倶楽部、民事再生法の適用を申請、負債141億円
(2007.07/02 帝国データ―バンクより)
 (株)霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部(資本金5000万円、茨城県かすみがうら市田伏5136、代表菅原秀樹氏、従業員30名)は、7月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は磯貝英男弁護士(千代田区一番町10-8、電話03-3263-0777)、綾克己弁護士(千代田区丸の内2-2-1、電話03-5224-5566)。監督委員は三村藤明弁護士(港区虎ノ門1-6-12、電話03-3519-8321)。

 当社は、1979年(昭和54年)2月に設立された。76年に資金難から倒産した霞ケ浦出島開発(株)(霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部)の経営を引き継ぐべく、同社の出資者メンバーが中心となって組織した「霞ケ浦出島カントリークラブ担保付会員組合」がその債権債務を継承し、設立された経緯がある。

 茨城県霞ケ浦沿岸に位置する「霞ケ浦出島ゴルフ倶楽部」(27ホール)は、美しい樹林と大小13のウォーターハザードが点在し変化に富んだコースで、首都圏から近いという立地の良さもあって94年12月期には年収入高約12億6000万円を計上していた。

 こうしたなか、98年に一部預託金返還時期を迎えたが、返還原資に乏しく、応じられない状況にあった。さらに、県内ゴルフ場の価格競争も激化し、客単価の下落から収入は激減。2003年12月期の年収入高は約6億8000万円に落ち込むなど、その後も苦しい運営が続いていた。

 負債は約141億円(預託金133億円を含む)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp