ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

河口湖カントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
渇ヘ口湖カントリークラブ、民事再生法の適用を申請、負債102億円
(2006.12/18 帝国データ―バンクより)
  (株)河口湖カントリークラブ(資本金5000万円、山梨県南都留郡富士河口湖町船津6236、代表鷲沼正勝氏)は、12月15日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は高井章光弁護士(東京都千代田区有楽町1-5-1、電話03-3519-7800)。

 当社は、1973年(昭和48年)4月にゴルフ場経営を目的に設立した。74年から縁故会員を中心に会員募集を開始し、79年7月にゴルフ場「河口湖カントリークラブ」(27ホール)を正式オープンした。県内では富士山麓の名門コースとして知られ、99年12月期には年収入高約8億5000万円を計上、雑誌アンケート等でも人気コースとして県内では相応の知名度を有していた。

 しかし、長引く個人消費の低迷を受け、来場者数は減少傾向が続き、冬場(12月中旬〜翌年3月中旬)はクローズされる影響もあり集客低下に歯止めがかからない状況が続いていたうえ、連続赤字決算により債務超過に陥っていた。さらに、預託金返還資金の負担から資金繰りはひっ迫、今回の措置となった。

 負債は債権者約2200名に対し約102億円(うち預託金約91億円)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp