フ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

カワカミヴィラージュカントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
潟Jワカミヴィラ−ジュ、民事再生法の適用を申請、負債73億円
(2007.09/27 帝国データ―バンクより)
 (株)カワカミヴィラージュ(資本金1億円、南佐久郡川上村大深山944−1、登記面=東京都千代田区神田須田町1−6、代表丸山暉雄氏)は、9月25日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日付で保全命令を受けた。

 申請代理人は古里健治弁護士(東京都千代田区麹町3−3、電話03−3265−0691)ほか。監督委員には笹浪恒弘弁護士(東京都千代田区丸の内2−4−1、電話03−3214−5551)が選任されている。

 当社は1985年(昭和60年)1月設立のゴルフ場経営業者。長野県南佐久郡川上村にて標高約1440mに位置するゴルフ場「カワカミヴィラージュカントリークラブ」の経営を手がけていた。大自然のリゾートコースとして知られ、東京・山梨方面の会員を多く抱え、2001年3月期の年収入高は約8億2000万円を計上していた。

 しかし、財務体質は次第に悪化し、2000年に迎えた預託金償還期限を10年延長する事態となっていた。2001年3月期の年収入高は約8億2000万円を計上していたが、来場者数も減少し、2007年3月期の年収入高は約6億円に低迷していた。このため当社は、事業譲渡先の選定を開始。このほどスポンサー候補が固まったため、今回の措置となった。

 負債は債権者約1600名に対して約73億円(うち預託金約52億円)。

 なお、9月28日午後6時からルポール麹町(東京都千代田区平河町2−4−3)で債権者説明会を開き、スポンサーを明らかにしたいとしている。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。




ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp