ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

清春カントリー倶楽部ニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
アサヒ開発梶A民事再生法を申請。負債218億円。
(2003.09/01  帝国データ―バンクより)
 アサヒ開発(株)(資本金2億円、東京都新宿区西新宿1-1-6、松浦在俊社長)は、8月28日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は野中信敬弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20、電話03-3288-5228)。

 同社は、1951年(昭和26年)2月に不動産業を目的に国際綜合開発(株)の商号で設立。その後休眠状態にあったが、74年(昭和49年)1月現商号に変更、ゴルフ場経営を目的として再開した。87年5月にゴルフ場「清春〈きよはる〉カントリー倶楽部」(18H、山梨県北巨摩郡)をオープン、さらに91年には「ホテル清春」(4階建、38室、山梨県北巨摩郡)をオープンしていた。「清春カントリー倶楽部」は、北に八ヶ岳、西に南アルプス連峰など雄大な景観美を誇り、96年12月期には年収入高約8億8800万円を計上していた。

 しかし、近年は入場者数の減少やプレー費の値下げなどで業績はジリ貧となり、2001年同期の年収入高は約4億7000万円にまで落ち込み、毎期赤字決算を余儀なくされていた。この間、人員削減などリストラを行っていたものの、借入金負担や預託金償還も重荷となっていた。

 負債は約218億円。


その後の経緯

営業譲渡型の再生計画案をまとめ、会員など債権者に配布した。同計画案は平成16年6月29日までの投票及び7月7日の債権者集会で決議される。申請当初は「自主再生を目指している」としていたが、負債額(申請時で会員約2500名の預託金約130億円含め約218億円)が多く、結果として営業譲渡を選択した。

 再生計画案では直営ホテルを含む、同GC施設及び隣接地で関連会社の樺ゥ日通商が保有するテニスコート等の不動産を、竃k杜リゾート(水谷徳夫社長、東京都新宿区西新宿7-5-6、資本金2000万円=平成16年3月22日設立)に7億円で営業譲渡し、同資金で債権者に弁済する方針。

 ただし、譲渡資金の半額以上の4億円強を担保債権者への弁済(調整中)に充てるため、その他公租公課等も除くと3200万円ほどしか一般再生債権者の弁済に充てられないとしている。

 この結果、退会会員を含む一般債権者への弁済率は、0..1%(認可決定確定から4ヶ月以内に弁済)にとどまるという。また継続してプレーを希望する会員への弁済はないが、営業譲渡を受ける新会社が預託金のない”プレー会員権”を発行して、プレー権”を発行して、プレー権を保証するとしている。

 竃k杜リゾートは、清春GCの水谷支配人が社長に就任しているが、ゴルフ場経営に興味のある数名が同GC経営のため出資した会社で、その他役員は清春GC役員とは無関係としている。同GC側では6月10日に甲府市内で、11日には東京で債権者説明会を開く予定となっている。

 ちなみに、”北杜”は、同GCが所在する長坂町と周辺の明野村、須玉町、高根町、大泉村、白州町、武川村の7町村が今年11月1日付けで合併し、「北杜(ほくと)市」となることから名付けられた。ゴルフ場名も「北杜リゾートCC」等に変更される見込みだ。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。