株式会社児玉カントリー倶楽部

民事再生法の適用を申請


ゴルフ場経営

ゴルフ場経営業者としては今年度2番目の大型倒産

民事再生法の適用を申請
負債96億3227万円

(2018.3/14 帝国データ―バンクより)

「埼玉」 (株)児玉カントリー倶楽部(資本金1000万円、登記面=本庄市児玉町秋山3012、代表市川勝俊氏)は、3月13日にさいたま地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は服部弘志弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所、電話03-3580-0123)ほか3名。

 当社は、2002年(平成14年)4月、都内に本社を置くゴルフ場開発・運営会社の関係会社として設立されたゴルフ場経営業者。都心から1時間ほどの立地の良さを特徴とするゴルフ場「児玉カントリー倶楽部」(27ホール、埼玉県本庄市児玉町秋山3012)の運営管理を手がけ、2003年8月期の年収入高は約6億2400万円を計上していた。

 しかし、その後は景気低迷の影響などから来場客数が低迷。業績悪化が続き、財務面は債務超過に陥っていた。2017年8月期の年収入高は約3億1600万円に落ち込むなか、従前から懸案となっていた会員からの預託金返還請求に応じるメドが立たず、今回の措置となった。

 負債は2017年8月末時点で預託金約90億5000万円を含む約96億3227万円。

 2017年度のゴルフ場経営業者の倒産としては、太田資源開発(株)(負債112億円、2018年2月民事再生法、群馬県)に次いで2番目の負債額となる。

 

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後もつばさゴルフ「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ





ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 
0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp