ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

黒磯カントリー倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
富国開発梶A自己破産を申請、負債45億円
(2006.08/29 帝国データ―バンクより)
 富国開発(株)(資本金2300万円、栃木県大田原市河原2008、登記面=東京都港区新橋2-20、代表実川高由氏)は、8月25日に東京地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は木下貴司弁護士(東京都千代田区麹町2-2、電話03-3221-7315)。

 当社は、1972年(昭和47年)9月にゴルフ場経営を目的に設立された。75年7月には那須郡黒羽町(現・大田原市)に「黒磯カントリー倶楽部」(18H)をオープンしたが、当時経営権を掌握していた企業が破綻したことから、78年に現経営陣となった経緯がある。

 同ゴルフ場は、東北新幹線の那須塩原駅および東北自動車道那須インターチェンジから約30分に位置しており、93年3月期には年収入高約7億4000万円を計上していた。

 しかし、その後はバブル崩壊の影響から利用客数の減少や単価低下により業績は頭打ちとなり 、98年同期は年収入高約3億4800万円にまで落ち込み、赤字決算を余儀なくされていた。このため、数年前よりゴルフ場の売却などを模索していたが、有力視されていた見込み先もゴルフ場の購入が困難になったことから、今回の措置となった。

 負債は約45億円の見込み。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp