ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

三木の里カントリークラブニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
河合楽器系列、ジャパンレジャ−開発梶A民事再生法を申請
(2002.11/01 帝国データ―バンクより)
  ジャパンレジャー開発(株)(資本金5000万円、静岡県浜松市寺島町200、佐和信社長、従業員5人)は、11月1日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

申請代理人は多比羅誠弁護士(東京都中央区銀座8−9−11、電話03-3573-1578)ほか2名。

同社は、東証1部ほか上場の大手楽器メーカー、(株)河合楽器製作所がゴルフ場経営を目的として、同社グループ会社の資本参加を得て、1989年(平成元年)4月に設立された。97年4月に「三木の里カントリークラブ」(静岡県周智郡森町、18H)をオープンし、2000年3月期には年収入高約4億5400万円を計上していた。

同コースは、東名高速・袋井ICから10kmに位置し、立地条件は悪くなかったが、業界内では後発だったことに加え、会員の獲得が当初の計画を下回ったことなどからオープン当初より業績は低迷、毎期赤字計上を余儀なくされ、今年9月末時点で累積損失は約46億円に達していた。

このため、河合楽器グループでは、昨年11月に策定された経営改善計画に則り、ゴルフ場事業の存廃について検討を進めてきたが、2005年から予定される預託金償還(会員数551名、預託金総額57億円余)の資金手当てが困難で、かつ本業の先行き見通し難から自力再建を断念し、今回の措置になった。

負債は約168億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。