ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。
南千葉ゴルフ倶楽部、破産手続き

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
日栄総業梶A破産手続き開始決定受ける、負債342億円
(2005.03/10 帝国データ―バンクより)
 日栄総業(株)(資本金4000万円、東京都中央区銀座8-5-18、代表佐藤英治氏、従業員85人)は、債権者である整理回収機構(RCC)から東京地裁へ会社更生法を申し立てられていたが、保有財産で債権者に対する配当ができない可能性が高いことから、3月8日に同地裁から破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

 破産管財人は、長島良成弁護士(東京都千代田区五番町5-5、電話03-5276-1321)。

 当社は、1972年(昭和47年)10月設立のゴルフ場およびホテル経営業者。79年7月に「南千葉ゴルフ倶楽部」(千葉県夷隅郡、18H)をオープンさせたほか、「サットグランドホテル大多喜」(千葉県夷隅郡)、「サットグランドホテル小湊」(千葉県鴨川市、99年以降関連会社へ運営を委託)を経営するなど、98年9月期には年収入高約20億5000万円をあげていた。

 その後はゴルフ場のプレー単価値下げの影響などから、2003年同期の年収入高は約6億9000万円にダウン、2期連続赤字となっていた。このため、預託金の償還も困難となり、プレー費・ホテル宿泊費を無料として預託金と相殺する「償還プレー」を実施することで会員の合意を得ていたが、金融機関からの借入金がRCCへ移管されるなど余裕のない運営が続き、昨年7月には債権者であるRCCから会社更生法を申し立てられていた。

 負債は2003年9月末時点で約342億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。