ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフ

水戸グリーンカントリークラブ・夏泊ゴルフリンクス、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
エビハラスポ−ツマン梶A民事再生法を申請、負債125億7800万円
(2006.02/17 帝国データ―バンクより)
 エビハラスポ−ツマン(株)(資本金5000万円、茨城県常陸大宮市照田1507、登記面=東京都中央区銀座8-17-6、海老原寿人社長、従業員60人)は、2月17日に東京地裁へ民事再生法を申請した。
 
 申請代理人は西村國彦弁護士(東京都千代田区内幸町1-1-7、電話03-5511-4400)ほか。監督委員には永島正春弁護士(東京都千代田区丸の内3-3-1、電話03-3211-1791)が選任されている。
 
 当社は、1970年(昭和45年)4月に設立されたゴルフ場経営会社。72年8月にオープンした「水戸グリーンカントリークラブ」(茨城県常陸大宮市、2コース、45H)および87年に買収し改良工事を経て92年にオープンした「夏泊ゴルフリンクス」(青森県東津軽郡、18H)の経営を手がけ、94年3月期には年収入高約16億5000万円をあげていた。
 
 しかし、入場者数の減少から2004年12月期(2000年に決算期変更)の年収入高は約8億4300万円にダウン、慢性的な赤字決算から累損が拡大していた。こうしたなか、預託金償還時期を迎え一部会員権者には分割弁済などで応じてきたものの限界となり、今回の措置となった。
 
 負債は預託金約120億円を含む約125億7800万円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp