ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ!

那須伊王野カントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
那須伊王野CC(栃木)7月13日に再生手続開始決定
(ゴルフ特信より)
 那須伊王野CC(旧・藤和那須CC、27ホール、栃木県那須郡那須町伊王野591)を経営する那須伊王野カントリークラブ梶i旧・藤和カントリークラブ梶A濱野和雄社長、本社=コースと同、資本金55億円)は、平成17年7月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、13日に開始決定を受けた。

 申立代理人は岡正晶弁護士(03・3212・1451)。監督委員には進士肇弁護士が選任されている。

 同社は昭和49年に設立され、50年8月に藤和那須CCをオープン。藤和不動産鰍フ100%子会社で、那須高原の別荘、レジャー施設の一環で経営されていた。

 しかし、バブル崩壊後は売上高が減少、平成12年頃からは年間売上高が4億円を下回っていた。そこでミサワリゾート鰍ヨの運営委託などを行い16年には売上高も4億円を上回ったが、累積赤字を解消するまでは至らなかった。

 一方、親会社の藤和不動産は合理化策からゴルフ場事業等の撤退を決め、藤和CC鰍ノついては今年3月に竃{山(北海道苫小牧市)に株式を譲渡していた。その後、藤和CC鰍ヘ4月に那須伊王野カントリークラブ鰍ノ商号を変更、6月24日にはコース名も同名に変更していた。

 同社の申立代理人は、売上げの減少と会員預託金の返還資金が見込めないことを民事再生の申請理由に挙げている。12日には債権者向け説明会を開いており、新スポンサー候補のミサワリゾート鰍フもと再建を目指す方針という。債権者への弁済率は10万円以下の少額債権を除き、5%前後になる見込みだ。

 負債は約24億円で、内会員約620口の預託金額は17億5000万円という。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp