ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

日本ゴルフ振興潟jュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
日本ゴルフ振興鰍ルか3社、民事再生法を申請。負債3601億6000万円
(2003.02/18  帝国データ―バンクより)

 ゴルフ場経営最大手の1社、日本ゴルフ振興(株)(資本金1億円、大阪市北区神山町1-5、代表大西進氏ほか1名、従業員451人)は、2月18日に大阪地裁へ民事再生手続き開始を申請、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は宮崎誠弁護士(大阪府大阪市北区堂島1-1-5、電話06-6341-7404)ほか。監督委員には木内道祥弁護士(大阪府大阪市北区西天満3-13-18、電話06-6363-0391)が選任されている。

 同社は、「法隆寺カントリー倶楽部」(奈良県)の経営を目的に、1963年(昭和38年)8月に法隆寺ゴルフ(株)として設立、66年8月に現商号となった。「法隆寺カントリー倶楽部」を開設後、67年10月「広島国際ゴルフ倶楽部」、68年7月「岡山国際ゴルフ倶楽部」、同年10月「松山国際ゴルフ倶楽部」、69年4月「北九州カントリー倶楽部」と相次いでゴルフ場を開設、国内28コース(関係会社経営の5ヵ所を含む)、海外4コース(中国、タイ、ブラジルなど)を有する、業界最大手のゴルフ場経営会社に成長していた。

 また、91年4月には関係会社の(株)レオマが中・四国地区最大規模のレジャー施設「レオマワールド」を開設するなど、ゴルフ場を中核とする企業グループを形成、94年12月期には年収入高約245億6100万円を計上していた。

 その後は、景気低迷の影響から98年12月期の年収入高は約211億8800万円にとどまり、損益面では関係会社の清算に伴い多額の特別損失を計上し、債務超過に転落していた。

 また、2000年8月には不採算となっていた「レオマワールド」を休園、運営会社の(株)レオマに対する貸付金は約600億円に膨らむなど不振のグループ企業への資金流出などで借入金は約1400億円に達していた。

 この間、「レオマワールド」の譲渡交渉や、遊休不動産の売却などを進めていたが、2001年12月期の年収入高は約197億3200万円とさらにダウン。その後も「レオマワールド」売却が進まず、貸付金の償却や収益の低下に加え、金融債務の返済負担が重荷となり、抜本的な対策を検討した結果、今回の措置となった。

 また、関係会社の日本ゴルフ振興(沖縄)(株)(資本金2000万円、同所、同代表、従業員121人)、(株)宮崎国際ゴルフ倶楽部(資本金2000万円、同所、同代表、従業員94人)、千登世商事(株)(資本金5940万円、同所、同代表、従業員250人)の3社も同日同地裁へ民事再生法を申請した。

 負債は日本ゴルフ振興(株)が約3322億円、日本ゴルフ振興(沖縄)(株)が約190億円、(株)宮崎国際ゴルフ倶楽部が約61億8000万円、千登世商事(株)が約27億8000万円で4社合計では約3601億6000万円。

 なお、(株)エスティティコーポレーション(負債3131億円、東京都、2月民事再生法)を抜いて今年最大の倒産となった。

続報
11月23日日本ゴルフ振興、一転して会社更生手続きに移行へ!

(2003.11.21 ゴルフ特信より)
 今年2月に民事再生法の適用を申請し、ギリギリまで協議をしたいとして再生計画案の提出期限を来年1月末まで延長した日本ゴルフ振興梶i資本金1億円、大阪市北区神山町1の5)だが、大口債権者であるローンスター・グループの申立により、一転して会社更生法での再建手続きに移行することが確実となった。

 大阪地裁が11月21日、ローンスター・グループから申立があった日本ゴルフ振興梶i大阪府)及び日本ゴルフ振興梶i沖縄県)2社に対し、更生法に基づく「保全管理命令」を下し、再生手続上の監督委員木内道祥弁護士を保全管理人に選任したもの。

 ローンスター・グループの申請代理人・藤原総一郎弁護士は「現経営陣と民事再生の申請代理人のスタンスが替わるなど安定した再建が望めないため10月15日に申し立てた」と説明している。日本ゴルフ振興グループの国内ゴルフ場全体のスポンサーに名乗りを挙げていたローンスター・グループが、新たなスポンサーを含め模索するとした現経営陣側に反発した形だ。もっとも、同弁護士は「会員のプレー権を確保するスキームは変わらない」と話しており、同グループが目指したスキームにより、手続きを進めたい意向だ。

 
一方、日本ゴルフ振興鰍フ申請代理人側では、会員・債権者に向けて11月18日付けで「ローンスターによる会社更生申立のお知らせ」を告知しており、会社更生法による保全管理人が選任されたケースも想定して紹介しているが、
@会員のプレーに関しては変更ない。
A民事再生申立以降の取引は共益債権として保護されている。
B名変手続きは木内監督委員の了解を得て行われており、何ら変更ない−−と説明している。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ