ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

オークビィレッジGCニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
鞄激nト、民事再生法を申請。負債460億円
(2003.03/14  帝国データ―バンクより)
 「キャラメルコーン」で知られるスナック菓子大手、(株)東ハト(資本金1億80万円、東京都渋谷区代々木2-1-1、小林順子社長、従業員380人)は、3月14日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

 当社は、1949年(昭和24年)10月に配給パン製造を目的に都民生(株)の商号で設立され、東鳩東京製菓(株)、東鳩製菓(株)を経て96年2月に現商号に変更していた。52年にビスケットの製造を開始して以降、製菓業を主業とし。71年4月には、現在でもロングセラーとして当社の看板商品となっている「キャラメルコーン」を発売。その他、「オールレーズン」、「ポテコ」、「ショコラクッキー」など約60種類の菓子類を製造販売し、全国に17ヵ所の支店、営業所、出張所、2ヵ所の工場を展開し、2002年3月期の年売上高は約230億円を計上していた。

 主力とする食品事業は比較的堅調に推移していたものの、バブル期に関連会社の(株)オークビレッヂゴルフクラブや東鳩総合開発(株)を通じて「オークビレッヂゴルフクラブ」(千葉県市原市)や「ハート和泉・ゴルフクラブ」(千葉県千葉市)などのゴルフ場事業に進出。しかし、「オークビレッヂゴルフクラブ」は98年頃から預託金の償還請求が急増し資金繰りはひっ迫。2002年5月より、運営を米国のトゥルーンゴルフエルエルシーに委託していた。また「ハート和泉・ゴルフクラブ」は95年4月に許認可を取得し、2000年秋のオープンを予定していたものの、用地買収の失敗などから現在は実質休眠状態となっていた。

 こうしたなか、2002年2月には創業者一族である小林義迪元社長が、97年に発覚した事務機器のリース契約を装った架空経費の計上などによって解任されていた。東ハト側は、小林元社長を相手取り約12億円の貸金返還請求、4億円の損害賠償請求の民事訴訟を起こし、2002年9月に同氏は東京地裁より破産宣告を受けていた。また架空リース契約に絡んで東京国税局から5年間に約20億円の申告漏れを指摘され、約3億4000万円の追徴課税を課せられていた。さらに、2002年7月には臨時取締役会で後任の楠美勲社長が解任され、2002年10月には小林義迪元社長の妻である小林順子非常勤取締役が同社の社長に就任するなど、創業者と経営陣の間で内紛が発生し対外信用は悪化していた。

 負債は2002年3月期末で約460億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。