ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!


南富士カントリー倶楽部
民事再生法申請



ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ

株式会社南富士カントリ−倶楽部、民事再生法の適用を申請

負債54億円


(2010.12/7 帝国データ―バンクより)


 (株)南富士カントリ−倶楽部(資本金5000万円、富士市大渕11702-3、代表古旗邦夫氏)は、12月3日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全管理命令を受けた。

 申請代理人は古川史高弁護士(東京都港区西新橋1-7-13、電話03-5501-3641)。

 当社は、1972年(昭和47年)11月にゴルフ場経営を目的に設立。当初から開発が難航し、76年9月に「南富士カントリー倶楽部」(静岡県富士市)を仮オープンしたものの、その後、前経営陣による乱脈経営が発覚。80年4月には静岡地裁富士支部に会社整理を申し立て、同支部の命令により整理開始となっていた。債務返済が進み、88年9月には静岡地裁富士支部の整理終結の決定が確定、以降、正会員、平日会員など相応の会員を獲得していた。

 同ゴルフ場は、駿河湾を見渡せる雄大な自然に囲まれた丘陵林間コース(18ホール、6998ヤード)。東名高速道路裾野ICから18kmと首都圏からのアクセスも良く、各ホールから富士山を眺望できることでビジターの利用にも恵まれ、2000年5月期には年収入高約6億4500万円を上げていた。

 しかし、近年は、来場者一人当たりの単価の下落を余儀なくされ、2010年5月期には年収入高約4億5000万円に落ち込んでいた。こうしたなか、金融債務負担に加え、預託金償還問題から支え切れず、今回の措置となった。
 
 負債は約54億円。


ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。






ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 
0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp