ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

しぶかわカントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
且O協企画、民事再生法を申請、負債154億円
(2004.12/21 帝国データ―バンクより)
 (株)三協企画(資本金2000万円、群馬県渋川市石原2257-12、登記面=東京都練馬区中村1-4-4、岸瑠璃子社長、従業員13人)は、12月21日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は田邊勝己弁護士(東京都千代田区平河町1-7-16、電話03-3511-8550)。監督委員には内田実弁護士(東京都港区虎ノ門1-16-4、電話03-3502-6294)が選任されている。

 当社は、ゴルフ場経営を目的として1986年(昭和61年)10月に設立された。群馬県の榛名山東麓に「しぶかわカントリークラブ」(渋川市、18H)を開発し、仮オープンを経て99年5月に本オープンしていた。

 同ゴルフ場は、関越自動車道渋川伊香保ICより約10kmに位置する丘陵コースで、伊香保温泉に隣接することで観光誘致の観点から地元の期待も高かった。

 しかし、総工費、土地代、借地権料などで約131億円を投じたものの、用地買収が長期化したことでオープンまで約10年を要し、その間のバブル経済崩壊によって、総工費に見合うだけの預託金が集まらず、過剰債務を抱えていた。

 近年も不況の長期化により赤字状態が続くなか、債権者への弁済も困難となり、会員のプレー権確保を目的に今回の措置となった。

 負債は約154億円(うち預託金約14億4700万円)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。