ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ!

東雲ゴルフクラブ、民事再生申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
鞄潔_スポーツセンター、民事再生法を申請、負債31億円
(2005.03/15 帝国データ―バンクより)
 (株)東雲スポーツセンター(資本金7680万円、東京都渋谷区代々木1-31-13、登記面=江東区白河4-1-7、代表庄司博夫氏、従業員23人)は、3月14日に東京地裁へ民事再生法を申請し、監督命令を受けた。

 申請代理人は西村國彦弁護士(千代田区内幸町1-1-7、電話03-5511-4400)。監督委員には森脇純夫弁護士(千代田区丸の内3-2-3、電話03-3214-4731)が選任されている。

 当社は、1952年(昭和27年)4月に元・東京都長官(現在の都知事)など都の職員が中心となり設立。

 52年10月に江東区有明の都有地を賃借し「東雲ゴルフクラブ」を建設、ゴルフ場の経営を行っていたが、その後は都の湾岸整備計画によって立ち退きを迫られ、81年12月に同ゴルフ場を閉鎖していた。

 このため、84年6月に栃木県塩谷郡高根沢町に「栃木・東雲ゴルフクラブ」をオープンし、ゴルフコースのほか、併設するロッジの運営も手がけていたが、バブル崩壊以降はプレー客数の減少や客単価の下落によって経営が悪化、97年9月には預託金の償還期間を7年間延長していた。

 しかし、その後も同業者との顧客獲得競争は厳しく、2003年にはメーンバンクからの借入金が整理回収機構へ移管され資金調達の面でも苦しい経営を余儀なくされていたうえ、2004年9月期の年収入高は約1億7900万円、プレーヤー数は約1万5900人と低迷し、自主再建を断念した。

 負債は会員約779名に対する預託金約26億円を中心に、債権者約830名に対し約31億円。なお、債権者説明会を3月18日18時30分より星陵會館(千代田区永田町2-16-2)にて開催予定。

↓↓

その後の経緯
■資本注入型の再生計画案が可決
 
 平成17年3月に民事再生法の適用を申請した鞄潔_スポーツセンターの債権者集会が、平成17年9月14日に開かれ賛成多数で再生計画案を可決し、東京地裁から同日認可決定を受けた。

 決議結果は、出席債権者数(投票を含む)376名の内、98.14%に当たる369名の賛成、議決権総額では86.25%の賛成で可決要件を満たした。

 同社の計画案は、既報通りスポンサーの資本注入型で、上場企業のミサワリゾート梶i現・リゾートソリューション鰍ノ社名変更)が総額3億5000万円を注入して、鞄潔_スポーツセンターを傘下に収める。

 会員に関する再生条件は、会員権の種類によって異なっている。同クラブには約830名の会員が在籍するが、その内の約半数が預託金会員権(預託金額計約26億円)の所有者で、残りはプレー会員権(無額面で譲渡可)の所有者。

 預託金会員権の会員で、退会する会員の預託金は99%カットし、残りの1%を再生計画の認可決定確定の日から3ヶ月以内に一括で弁済し、(但し、3万円以下は全額弁済)、継続する会員の預託金は99%カットし、残り1%を新預託金(10年据置)にする。一方、プレー会員権の会員は、従来通りのプレー権(譲渡可)を保障する。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。