ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

新白河ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
叶V白河ゴルフ倶楽部、民事再生法の適用を申請、負債30億円
(2006.12/07 帝国データ―バンクより)
 「福島」 (株)新白河ゴルフ倶楽部(資本金4850万円、白河市表郷金山正殿山1、代表井出勲氏)は、12月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は加藤寛史弁護士ほか3名(東京都中央区八重洲2-8-7福岡ビル9F、電話03-3273-2600)、事件番号は東京地裁平成18年(再)第210号。

 当社は、「ホテルエピナール那須」など会員制リゾート施設を展開する葵地所(株)(栃木)の子会社として、1972年(昭和47年)11月に設立。76年に「新白河ゴルフ倶楽部」としてゴルフ場(18ホール)をオープンし、同社のリゾート施設のひとつである「白河関の里」(白河市)との相乗効果も期待されていた。

 しかし、バブル崩壊後の不況で集客は低迷、赤字体質にあった。2004年3月以降はゴルフ場運営管理を別会社に移管したが、収益が上がらない限り賃借料は発生しない契約のため、当社の売り上げは会員からの年会費程度で、2006年3月期の年収入高は約2900万円にとどまり、慢性的な赤字体質から脱却できずにいた。

 こうしたなか、預かり保証金の措置期間延長といった会員(約2400人)からの協力を取りつけるほか、親会社葵地所(株)からの借入に頼って運営を続けてきたが、葵地所(株)は12月1日に全ての事業をシティグループへ譲渡し、特別清算の手続きに入ることになったことから、同社からの支援が途絶えることが確実となり、単独での経営続行は困難となったため、今回の措置となった。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp