ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

ゴルフ場経営、相武総合開発潟jュース

ホームへ 会社案内 県別相場 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
相武総合開発鰍ルか7社、民事再生法を申請
(2003.08/28  帝国データ―バンクより)
 相武総合開発(株)(資本金2500万円、東京都中央区新川1−13−4、登記面=東京都中央区銀座4−2−15、高橋正明社長、従業員1人)およびグループ会社7社は、8月28日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は大岸聡弁護士(東京都港区赤坂1−12−32、電話03−5562−8500)。監督委員には奈良道博弁護士(東京都千代田区麹町1−6−3、電話03−3262−9000)が選任されている。

 同社は、1966年(昭和41年)9月に設立され、ゴルフ場の開発を手がけてきた。その後、各ゴルフ場が法人化したことで、相武グループの中核企業として、各ゴルフ場のコンサルタントおよびマネージメント事業に転換していた。しかし、各ゴルフ場のプレー収入がジリ貧傾向を辿っていたうえ、預託金償還問題を抱えていた。こうしたなか、8月29日の資金決済のメドが立たず、自力再建を断念した。負債は8社合計で約670億円。
 なお、グループ各社の内訳は以下のとおり。
企業名、クラブ・ホテル名、所在地、負債、業種 相武グループホームページ

1)相武総合開発(株)、−、東京都中央区、42億円、経営コンサルタント

2)相武総合開発(株)、仙台空港カントリークラブ(18H) 負債113億円

3)相武総合開発(株)、ベルエアカントリークラブ(18H) 負債96億円

4)相武総合開発(株)、金沢カントリー倶楽部(27H) 負債73億円

5)相武総合開発(株)、妙見富士カントリー倶楽部(18H) 負債98億円

6)相武総合開発(株)、琴南カントリー倶楽部(18H) 負債132億円

7)相武総合開発(株)、ゴルフ&マリンリゾートベルビュー 5億円

8)(株)沖縄本部カントリークラブ、ベルビーチゴルフクラブ(18H) 111億円
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。