ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!

菅平高原カントリー倶楽部
グランステージカントリークラブ丸子コース
民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
ゴルフ場、スキー場経営、国際菅平観光梶A民事再生法の適用を申請
負債101億4800万円
(2007.06/29 帝国データ―バンクより)
 国際菅平観光(株)(資本金2900万円、上田市藤原田1038−1、北村幸彦社長、従業員41名)は、6月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は西村國彦弁護士(東京都千代田区内幸町1−1−7、電話03−5511−4400)。監督委員は三山裕三弁護士(東京都千代田区六番町13−12、電話03−3234−2750)。

 当社は、1963年(昭和38年)6月に設立。65年にオープンしたゴルフ場「菅平高原カントリー倶楽部」(上田市、18H)および「菅平高原スキー場」(上田市)の経営のほか、95年には丸子高原ゴルフ(株)を吸収合併し、「グランステージカントリークラブ丸子コース」(上田市、27H)の経営も手がけるなど業容を拡大。ピーク時の97年3月期には年収入高約15億2100万円をあげていた。

 しかしその後は、法人・個人ともに集客が低迷し、資金繰りが悪化。預託金償還に際し会員権分割等などで策を講じてきたが、会員から多くの預託金返還請求を受ける事態となり、自主再建を断念した。 

 負債は預託金約71億円(内訳:菅平高原カントリー倶楽部=15億円、グランステージカントリークラブ丸子コース=56億円)を含む約101億4800万円。

 なお、スポンサーにはホテルチェーンを展開するルートインジャパン(株)(東京都品川区)が決定している。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp