ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

田人<たびと>カントリー倶楽部ニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
光峰開発梶A自己破産を申請、負債55億円
(2003.12/11 帝国データ―バンクより)
 「福島」 光峰開発(株)(資本金1000万円、いわき市田人町旅人水呑場1、登記面=東京都台東区台東1-2-1、代表林啓治氏)は、12月5日に東京地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は橋本副孝弁護士ほか(東京都中央区八丁堀2-23-1、電話03-3555-3051)。

 当社は、1973年(昭和48年)7月に設立。76年(昭和51年)にゴルフ場「田人カントリー倶楽部」(18ホール)をオープン、77年に不動建設(株)(東京都、東証1部上場)の関係会社が買収し、同社グループの傘下企業となった。正会員数は1100名余りを有し、最盛期の93年12月期には年売上高約3億5000万円を計上していた。

 以降は、景気低迷の影響から入場者は年々減少し、2002年同期の年売上高は約1億1200万円にまで落ち込み、バブル時に売り出した会員権の預託金の償還も重なるなど経営はひっ迫していた。さらに、実質親会社の不動建設がグループ企業を含めた事業再編を進めるなか、再編計画における関係会社整理の一環として、今回の措置となった。

 負債は約55億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。