ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。
胎内高原ゴルフ倶楽部、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
新潟高原リゾ−ト開発梶A民事再生法を申請、負債57億4000万円
(2005.03/10 帝国データ―バンクより)
 「新潟」 新潟高原リゾート開発(株)(資本金5000万円、北蒲原郡黒川村夏井1244-1、代表小野昭治氏)は、3月10日に新潟地裁新発田支部へ民事再生法を申請し、同日、保全命令を受けた。

 申請代理人は村山六郎弁護士(新潟市弁天3-1-15、電話025-241-0151)ほか2名。

 当社は、過疎対策の観光立地行政を進めてきた黒川村が、胎内高原の夏場の観光対策を主眼に1990年(平成2年)5月に設立した第三セクターのゴルフ場。98年6月にゴルフ場「胎内高原ゴルフ倶楽部」をオープンし、99年3月期には年収入高約3億400万円を計上していた。

 しかし、景気低迷の影響などから入場者数が減少し、2004年同期の年収入高は約1億9600万円にまで落ち込み、減価償却負担などから毎期欠損計上を余儀なくされていた。2004年5月の預託金償還を控え、同年2月には償還期限の10年延長について約70%の同意を得ていたが、一部会員から訴訟を起こされ敗訴、強制執行などが予想されることから今回の措置に踏み切った。

 負債は約57億4000万円。

 なお、3月17日午後1時30分より新潟ユニゾンプラザ(新潟市)で債権者説明会を開催予定。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。