ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

高萩CC(茨城)ニュース

ホームへ 会社案内 県別相場 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問い合わせ
高萩CC経営、東日本観光開発梶A民事再生法を申請
(2002.12/11 帝国データ―バンクより)
 東日本観光開発(株)(資本金4000万円、東京都江戸川区船堀3−13−12、代表中里剛氏)は、12月9日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

 申請代理人は厚井乃武夫弁護士(東京都千代田区神田須田町1−16、電話03-5294-3725)。

 同社は、1970年(昭和45年)1月にゴルフ場経営を目的に設立され、72年12月に「高萩カントリークラブ」(茨城県高萩市、18H)をオープンした。東京都江戸川区に地盤を持つ中堅ゼネコン・(株)中里建設のグループ会社で、その後グループ会社の整理で、2000年2月に休眠会社(旧商号=東日本企業(株)、1981年(昭和56年)1月設立)を存続会社に吸収合併されている。

 コースは丘陵地に位置しながらフラットなことで人気があり、93年12月期には年収入高約6億5000万円をあげていたが、近年は周辺の同業者との価格競争などもあり業況はジリ貧となっていた。

 また、事実上の親会社である中里建設の資金支援で、静岡県河津町で別途計画していたゴルフ場開発が、バブル崩壊後の経済環境の悪化・資金計画の狂いで頓挫し、多額の債務を抱えていた。

 こうしたなか、中里建設が開発事業への資金負担などもあって行き詰まり、11月22日に東京地裁へ民事再生法を申請。当社に対する支援も期待できなくなったことで、自主再建を断念した。

 負債は約91億4000万円。
株式会社中里建設、民事再生法を申請
(2002.11/22 帝国データ―バンクより)
 (株)中里建設(資本金4億9900万円、東京都江戸川区船堀3-13-12、中里剛社長、従業員78人)は、11月22日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

 申請代理人は勝部浜子弁護士(東京都文京区千駄木3-36-11、電話03-3821-9921)。

 同社は、1961年(昭和36年)4月に故・中里光三郎氏ら中里一族により土木建築工事を目的として設立。以来、地元江戸川区に密着した営業展開を図り、江戸川区役所や水道局など官公庁からの受注(約60%)を主体に、ゼネコン向けの採石販売も併営し、99年3月期には年売上高約181億4400万円を計上していた。

 特に創業家筋にあたる中里喜一氏が江戸川区長に就任(99年4月退任)してからは江戸川区との関係はより一層強固なものとなっていた。
 
 また、近年では単独受注による「江戸川区立一之江境川親水公園」で総理大臣賞を獲得するなど、技術力には高い評価を受け、近年は江戸川区内唯一のAクラス工事業者となっていた。
 
 この間、関係会社を通じてゴルフ場経営、不動産賃貸業などにも進出していたが、業績不振に陥り、これらへの投下資金が負担になっていた。
 
 また、本業の建設業も公共工事の削減の影響から、業績はジリ貧傾向をたどり、2002年同期の年売上高は約85億円にまで落ち込んでいた。損益面でも大手ゼネコンからの値引き要請は厳しく利幅が確保されず、金融機関からの追加支援も困難な状況となっていた。

 負債は2002年3月期末で約106億円。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。