ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、お任せ下さい!


那須小川ゴルフクラブ
民事再生法申請



ホームへ 会社案内 県別相場 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ

ゴルフ場「那須小川ゴルフクラブ」、ホテル「南平台温泉ホテル」運営

那須八溝物産株式会社など3社、民事再生法の適用を申請

負債74億8300万円

(2011.01/17 帝国データ―バンクより)


 那須八溝物産(株)(資本金9090万円、那須郡那珂川町三輪1283、代表篠崎暢宏氏、従業員41名)など3社は、1月17日に宇都宮地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令および監督命令を受けた。

 申請代理人は御山義明弁護士ほか2名(東京都中央区日本橋3-8-9、電話03-6225-2557)。監督委員は安田真道弁護士(宇都宮市西大寛1-5-13、電話028-614-8383)。

 那須八溝物産(株)は、1966年(昭和41年)9月にゴルフ場運営を目的に設立され、69年に「那須小川ゴルフクラブ」をオープン。同ゴルフ場は1982年から20回連続で女子プロゴルフトーナメントを主催するなど高い知名度を得ていた。73年には「南平台温泉ホテル」を開設。さらに88年頃には日帰り温泉施設「南平台観音湯」をオープンするほか、ゴルフ場の36ホールへの拡大などして、96年12月期には年収入高約33億2700万円を計上していた。

 しかし、バブル崩壊後はゴルフ人口の減少などで業績は徐々に落ち込み、銀行借入や償還期限を迎えつつあった預託金の償還問題により深刻な経営不安状態に陥っていった。このため、メーンバンクと協議を重ね、再建策を協議、実施してきたことで、2005年以降はゴルフ場、ホテル業等は営業黒字転換を果たしていた。一方、銀行借入と預託金については、私的再建手続きの実施も視野に入れながら検討していたが、2009年に入り、過去に分割による償還繰り延べを行った会員権の期限が到来、一部会員より預託金返還訴訟が提起され、今後も複数の訴訟提起がなされる見通しが確実となったことから、今回の措置となった。

 なお、関係会社の(株)南平台観音湯(資本金3000万円、那須郡那珂川町小口1719、同代表)と、(有)ろくはら(資本金300万円、宇都宮市簗瀬町813-6、同代表)も同時に民事再生法の適用を申請した。

 負債は那須八溝物産(株)が約67億円(うち金融債務41億円、預託金約23億6700万円)、(株)南平台観音湯が約2億6800万円、(有)ろくはらが約5億1500万円で、3社合計で約74億8300万円。

 なお、現在ゴルフ場、ホテル共に平常通り営業を続けている。


ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。






ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 
0120-283-562

E-Mail tsubasa-golf@eos.ocn.ne.jp