ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、信頼と安心のつばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

ワイルドダックカントリークラブ、民事再生法申請

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 保険案内 売買依頼書 お問合わせ
グリーンレイク梶A民事再生法を申請、負債159億8000万円
(2004.09/06 帝国データ―バンクより)
 グリーンレイク(株)(資本金5000万円、鹿島郡神栖町日川2519、登記面=東京都中央区日本橋3-2-9、代表山本竺(やまもと・あつし)氏)は、9月3日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日、保全命令を受けた。
 
 申請代理人は服部弘志弁護士(東京都中央区銀座1-8-14、電話03-3561-8686)。

 当社は、地元開発業者、生命保険会社、ゼネコン、鹿島臨海地区進出企業などが出資し、ゴルフ場経営を目的に1985年(昭和60年)5月に設立された。91年4月に「ワイルドダックカントリークラブ」(茨城県神栖町、18ホール)を完成・オープンさせ、法人接待用のゴルフクラブとして法人会員のみに特化した運営を行ってきた。

 会員権販売の不調による業績不振から、一般個人向けにも1年間の年間会員を募集して安定プレー者数の確保を目指すなど、経営の立て直しに努めてきた。しかし、2003年12月期の年収入高は約6億7600万円にとどまるなど業況は改善されず、預託金及び過大な金融債務が財務面を圧迫し、自主再建を断念した。

 負債は約159億8000万円(主な内訳は預託金約60億4000万円、金融債務約95億円)。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。