ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2011年03月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 福島県のザ・ダイナミックゴルフ倶楽部、9日間のチャリティ企画を実施


 コースも被害を受けながら、復旧作業や安全確認を終え3月20日から営業再開をしたザ・ダイナミックGC(18H)は、3月24日〜4月1日までの9日間、東北地方太平洋沖地震のチャリティープランを実施している。

 プレー料金の一部(300円)を寄付すると共に、募金箱を別途設置している。集まった募金については「財団法人福島民友愛の事業団」を通じて被災地へ送られる。


戻る


 隨縁軽井沢900倶楽部(長野県)名義書換え再開


 ホテルモントレグループの隨縁軽井沢900C(18H)は、4月1日からH18のグループ入り後、初の名義書換えを再開する。

 名変料は税込、正会員105万円、平日(月〜土)31.5万円、週日(月〜金)、エリア会員、同一法人内が26.25万円。入会条件は@会員2名の推薦、A日本国籍で年齢30歳以上、B理事会の面接審査等となっている。


戻る


 関東ゴルフ連盟、加盟倶楽部等の震災被害を調査


 関東ゴルフ連盟(KGA)は、加盟クラブを中心に今回の東北関東大震災の被害状況調査し概要を明らかにした。

 栃木県(45コース回答)32コースに被害、群馬県(39同)7コース被害、千葉県(37同)10被害、東京都(16同)3コース。

 多くの回答でコース内は隆起、陥没、地割れ等、クラブハウス内ではガラス破損、水周り、ボイラー関係、天井落下等の被害が報告されている。また、節電でロッカー、浴場の閉鎖、レストランの限定メニューなどでそれぞれ工夫をしながら営業を再開しているコースもある。


戻る


 ゴルフ場での震災義援金募集、東西で広がる


 ゴルフ場運営の大手グル―プや各ゴルフ場に東北関東大震災の支援の輪が広がっている。

 アコーディア・ゴルフとOGMが2千万円の義援金の他、オリックスグループのOGMは各ゴルフ場に募金箱を設置、1人義援金500円のチャリティーロングランコンペを始めた。

 また、プレー代の一部から30円〜2000円を義援金に充てるコースも数多くある。兵庫県では阪神淡路大震災を経験しているだけに、復興支援に名乗りを上げるゴルフ場が多い。

 

戻る


 伊豆にらやまカントリークラブ(静岡県)、名誉会員制度を新設


 静岡県の伊豆にらやまCC(27H)は、預託金償還期間の5年間延長に伴い、名誉会員制度の新設や、様々な会員特典を設けた。
 名誉会員制度は在籍10年以上を有した会員対象で、三親等以内の親族への書換料が無料、本人の年会費負担がなくなるなどの制度だが、クラブ競技への参加やHD取得は不可となる。受付は今年度から5年間の予定。

 また、会員特典としては練習場、貸靴、貸クラブが無料。平日の昼食サービス、HC提出カードが無料、3Bのキャディフィ割増なし等がある。併せて年会費は税制改正があっても現行の2万円のままとした。

 

戻る


 南総カントリークラブ(千葉県)管財人、南総倶楽部とスポンサー契約


 会社更生手続き中の南総CC(36h・千葉県)の管財人は、裁判所とも協議の結果、会員が設立した一般社団法人南総倶楽部がスポンサーとして適格性を有しているものと判断し、スポンサー契約を結び、理事2名を管財人代理に選任したことを、このほど会員債権者に通知した。

 

戻る


 ユニマットグループのバーディー3コース、共通会員を募集


 ユニマットグループは3月1日から、東京バーディC(18H・東京都青梅市)、千葉バーディC(18H・千葉県八街市)、中軽井沢CC(18H・長野県北佐久郡)の共通会員募集を開始した。

 共通会員はクラブ競技に参加できるホームコースを1コース決め、1コースをセカンドコースととする2コース共通が1221万円、2コースをセカンドコースにする3コース共通が1530万円。定員は計100口を予定している。


戻る


 御殿場ゴルフ倶楽部(静岡県)40周年記念で募集及び名変料の値下げ


 御殿場GC(18H・静岡県)は、開場40周年を記念し平成23年3月1日から平成24年2月末まで募集金額引き下げと名変料の値下げをする。

 会員募集は、個人正会員20万円、土可の平日会員15万円で定員各40口の募集。名変料は正会員10.5万円、平日7.35万円、週日5.25万円、種別及び相続を1.05万円で受付ける。


戻る


 パシフィックスポーツアンドリゾーツ(株)(PSR)、系列ゴルフ場を(株)熱海ゴルフへ売却


 国内に8コースを系列ゴルフ場とするPSRが、金砂郷CC(18h・茨城)、琵琶池GC(18H・栃木)、箱根くらかけG場(18H・神奈川・パブリック)の3コースを、熱海GCを経営する(株)熱海ゴルフへ売却した。

 3コースは4月1日から熱海ゴルフの系列下になる。株式の異動とあって、会員の権利、義務関係も承継される模様。名称変更なども予定していない。


戻る


 シャトレーゼグループ、春日居ゴルフ倶楽部(山梨県)を支援


 昨年9月に更正手続開始決定を受けた、春日居GC(18H・山梨県)のスポンサーにシャトレーゼグループの潟Vャトレーゼホールディングスが内定したことが分かった。

 グループのゴルフ場は11箇所目で、県内では都留CC、甲斐ヒルズCCに次ぎ3コース目になる。


戻る


 あさひケ丘カントリークラブ(栃木県)スタッフを来場者が評価



 リソルが経営する、あさひヶ丘CC(27H・栃木県)は、サービスの向上を目指し[CSマスター制度」を設立し、フロント、キャディ・ポーター、レストラン、コース・リネンの4部門のスタッフの評価を来場者に評価してもらうアンケートを3月10日まで実施している。

 回答した来場者にはペットボトル1本を進呈する他、抽選で10名に平日プレー招待券をプレゼントする。


戻る


 京葉カントリー倶楽部(千葉県)、スループレーを試験的に導入



 千葉県の京葉CC(18H)は5月の日曜日(計5日間)に、試験的にスループレーを実施する。1日の受入組数は最大で通常より8組多い62組となる。「組数を増やすことが目的でなく、本来のプレースタイルを取り入れられるかどうか検証するため」と説明している。


戻る


 アコーディア・ゴルフ株の大量取得者が判明



 今年1月18.19日に売り出された(株)アコーディア・ゴルフの大株主は、トップが6.89%のみずほ信託銀行(株)、次が野村証券(株)グループの6.25%であることが、明らかになった。これにより、アコーディアを発足させたGSグループは大株主の座から離れた。


戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com