ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2011年08月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 習志野カントリークラブ(千葉県)新グランドステータス制度適用外に


 習志野CCは、9月30日をもって「新グランドステータス制度」を適用除外にする。乗用カートのフェアウェイ乗入れなどで希望者が多く、本社で見積もっていたより希望者が多く、その枠に達する見込みとなったため。


戻る


 南富士カントリークラブ(静岡県)「特別名誉会員制度」を創設


 7月に再生計画案が可決した南富士CC(18H)は、8月3日から再生計画認可決定確定を受け、「特別名誉会員制度」いわゆるOB会員制度を創設するとともに、名義書換料を半額にすることを決めた。

 名変は10月1日から再開。来年の9月30日まで書換料を半額の正会員21万円、特別平日会員15.75万円、平日会員10.5万円とする。


戻る


 龍ヶ崎カントリー倶楽部(茨城県)メイングリーンの改修と芝種変更


 龍ヶ崎CC(18H)は、ベント2グリーンのうちメインに当たるPグリーンの改修と芝種変更(「007」へ)を行っている。来年5月には使用を開始する予定。来年には、アプローチ練習場、バンカー練習場の整備、改修にも着手する予定。

 同CCは平成26年日本女子オープンの開催会場になっている。

 

戻る


 いわきゴルフクラブ(福島県)クラブを解散し完全閉鎖へ

 

 西山ホールディングスグループでのいわきGC(昭和39年開場・27H)は、東日本大震災の影響を受けクラブ解散とコースの完全閉鎖を会員に通知した。 代替措置としては、同グループのサラブレッドCC(福島県いわき市・36H)をメンバー扱いでプレーできると案内している。

 同GCは、復旧工事を行って営業を再開する方向で検討していたが、億単位の費用が発生することに加え、ゴルファーの需要も見込めないことから閉鎖を決めたようだ。預託金償還に関しては、会社の整理をする時に処理すると説明している。


 茨木カンツリー倶楽部(大阪府)8月28日に改造の西コースを仮開場


 社団法人制の茨木CC(36H)は、改造工事が終了した西コースを8月28日からプレオープンする。
 改修内容は、2ベントグリーンの1グリーン化、コースの延長(プラス305ヤード)など。ちなみに9月19日まではメンバー限定のプレーとなる。


戻る


 南総カントリークラブ(千葉県)正会員募集を開始


 更生計画認可決定確定を受けた南総CC(36H)が8月から縁故正会員の募集を開始した。

 募集金額は税込みで162万2500円。定員は30口の予定。年会費は2万1000円。申込期限は8月31日。


戻る


 烏山城カントリークラブ(栃木県)地域の文化や特産品などに注目した各種ツアーを実施


 烏山城CC(27H)は、一昨年オープンしたホテルの宿泊客向けサービスとして、「蛍の観賞ツアー」(*これは以前から実施)、野外歌舞伎として有名な「山あげ祭」、戦車工場跡地に造られた「どうくつ酒造」の見学ツアーなどを無料で実施している。

 同CCは他にもコテージや日帰りの「烏山城温泉」があり、ゴルファーだけではなく家族も楽しめる施設として充実させている。


戻る


 太田双葉カントリークラブ(群馬県)スポンサー支援型の再生計画案を配布


 太田双葉CC(27H)の経営会社で民事再生手続き中の双葉繊維工業鰍ェ、再生計画案を債権者に先ごろ配布した。

 退会会員には預託金の3%を一括弁済。継続会員へは4%で10年据え置きの新預託金とする。書換は確定日の翌日からで正会員31.5万円、平日会員が21万円、と変更はない。

 また、スポンサーは不動産関連会社の鰍jTCリゾートで、同じく再生手続となった初穂CC白沢高原コース(18H・群馬県)を取得し傘下に収めており、姉妹コースとなる両クラブは、早くも会員のプレーを相互特別料金で受け入れている。


戻る


 鹿沼グループ、震災支援昼食で東北ゴルフ連名に寄付

 
 鹿沼グループは、7月25日に東北ゴルフ連盟に義援金を寄付した。
 義援金は、栃木県内のグループゴルフ場で一食当たり200円を義援金とするメニューや募金箱で集めた127万9000円。4月〜6月の義援金メニューの注文数は鹿沼CC・鹿沼72CC・栃木ヶ丘GCの3コースの合計は5586食にのぼった。7月以降も同支援メニューは継続する。
 また、同じグループの富士御殿場GC(静岡)も同支援メニューを提供しており、4月〜5月に集まった4万5250円(226食)を御殿場市を通じて二本赤十字社静岡県支部に寄付した。


戻る


 南総CC(千葉)早くも新体制による経営・運営に着手

 
 南総CCは、6月30日に更生計画認可決定し、7月20日に認可決定確定を東京地裁から受けた。
 会員主導による再建を盛り込んだ更生計画に基づき、早くも新体制による経営・運営に着手。
 また、退会会員をできるだ.け抑制する為、「平日アルファー会員制度」と「マイスター会員制度」を創設。
 退会・継続等の手続終了後、会員募集を行う予定で、現在の募集予定額は、162万2500円とのこと。


戻る


 
 OGM、22年度のCO2削減 目標を上回る


 「GOLF de ECO」プロジェクトを進めているオリックスゴルフ・マネジメント合同会社は、空調・給湯・照明設備の更新、太陽光発電システムの導入、LED証明導入などを実施し、グループ全体で目標40万kgCO2減を上回る42.6万kgCO2を削減した。

「GOLF de ECO」とは平成25年までの3年間で100万kgのCO削減や低炭素社会・循環型社会への貢献を目指すプロジェクトの名称。


戻る


 コリーナ・デ・ルナゴルフコース(北海道)、大阪の不動産会社械BIが落札


 昨年から競売に掛けられていたコリーナ・デ・ルナGコース(18H)が今年3月に鰍aIIに落札された。

 しかし、引き渡された施設にはカートをはじめ会員名簿や什器備品など動産類がない状態で、今期営業するのは難しく、7月4日からゴルフ場をクローズして再開に向け準備をしていることがわかった。

 詳細は不明だが、ゴルフ場名をして、会員募集も行う予定。


戻る


 ワークジャパンゴルフ倶楽部国見コース(福島県)営業再開


 震災により営業再開が遅れていたワークジャパンGC国見コース(18H)が7月9日から営業を再開した。


戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com