ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2012年7月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 津久井湖ゴルフ倶楽部(神奈川県)レストラン棟の建設に着手


 昭和32年開場の津久井湖GC(27H)は、レストラン兼コンペルームを別棟に建設着手した。同GCのクラブハウスは築50年以上経っており、老朽化で水回り等支障がある上、コンペルームも無かったことから建設するに至った。
 ハウス新築も考慮したが、資金的な問題もあり別棟の建設となったようだ。

 建設費(事業費約5億円超見込み)は、利用者と同GCで半分ずつ負担する計画で、昨年4月から利用者から来場1回に月1200円の建設協力金を徴収している。


戻る


 女子ツアーのエリエールレディス 会場を五浦庭園カントリークラブに変更


 今年のLPGAツアー「大王製紙エリエールレディス(11/16〜18)」が、福島県の五浦庭園CC(18H)で開催されることになった。震災後同県でのツアー開催は初めて。

 同コース 倉橋支配人は「責任の重さを感じている。選手、福島県民、いわき市民の方々に恥ずかしくないよう最高のコースコンディションに努め、震災復興支援につなげたい」と意気込んでいる。


戻る


 太平洋クラブ 「被害者の会」等の再生計画案 付議されず


 椛セ平洋クラブの民事再生計画案について7月18日に付議決定を下した東京地裁は、会員らで設立した「太平洋クラブ被害者の会」及び被害者の会代表債権者田邊弁護士より、別途提出されていた2つの再生計画案について実行可能性を認めず、いずれも付議されない(排除決定)となったと報告した。

 また、もう1つの会員組織「太平洋クラブ会員の権利を守る会」は多数の委任状を集めていたが、同地裁の判断でこれまでの委任状は数えず、改めて会社提案の再生計画案について、会員等の債権者の直接投票で賛否を問うことになった。

 書類は7月下旬に送付、締め切り日は9月25日、書面による決議となる。


戻る


 太平洋クラブ再生計画案、7月18日に付議決定を下される


 7月11日頃見込まれていた太平洋クラブの付議決定が、7月18日に東京地裁から下された。

 裁判所では、会社提出の計画案の他に、会員が組織した「被害者の会」も計画案を提出しており、それぞれ関係弁護士の意見を聞くため時間を要したようだ。

 7月下旬には、会員など債権者などに計画案と決議方法の案内が送付される見込み。


戻る


 太平洋クラブ再生計画案を東京地裁へ提出


 民事再生手続き中の椛セ平洋クラブは、民事再生計画案を7月2日に東京地裁へ提出した。

 その骨子は、スポンサー型でスポンサーは潟Aコーディア・ゴルフ。これまでどおり共通会員制は維持され、分離していたグループのゴルフ場保有の合併を計画案にも盛り込む。スポンサーからの貸付金により、債権者への弁済比率はグループ各社とも7%を予定している。

 会員は、@現預託金の7%のうち一律で、太平洋クラブ20万円・太平洋アソシエイツ10万円を再預託し、残りの弁済を受け継続、A7%の弁済を受け一身専属・譲渡不可の会員権〈パーソナル・コーポレート会員権)へ切替し継続、B7%の弁済を受け退会、から選択する。無額面会員は何ら変更はないという。

 7月11日頃に付議決定が出る見込みで、同月20日以降に会員など債権者に再生計画案が配布される予定。


戻る


 朝日カントリークラブ(山形県)7月1日に9ホールで営業を再開


 経営会社の破産手続き開始で昨年11月よりクローズしていた朝日CC(18H)が7月1日から9ホールの営業を再開した。

 同CCは5月14日付で、美里GCやチェックメイトCCの経営グループ「且s川ゴルフ興業」が取得し、営業再開に向け準備を進めていた。

 コース整備をしていなかった為、完璧な状態とはいえないようだが取りあえずアウト9ホールを仮オープン、18ホールでの営業は9月1日から予定している。

 なお、旧会員のプレー料金は一般利用者と同一金額だが、フルオープンからは会員扱いの料金になる。


戻る


 潟Aコーディア・ゴルフ、おおむらさきGC(埼玉県)・相武CC(東京都)を買収


 潟Aコーディアゴルフは6月26日、子会社を通じてパシフィックスポーツアンドリゾーツ(PSR)の系列である、おおむらさきGC(27H)を取得、8月23日には同系列の相武CC(18H)の資産保有会社を取得する契約を締結したと発表した。

 相武CCは昭和38年11月開場の会員制コース。平成18年3月にパシフィックマネジメント鰍ゥ子会社のPSRを通じて買収した。
おおむらさきGCは平成7年3月に西武グループで開場、平成19年3月にPSRの系列となった。

 アコーディアが東京都下のゴルフ場を取得するのは初めて。会員のプレー権や預託金は従来条件で引き継ぐ方針だ。

 

戻る


 アローエースゴルフクラブ(栃木県)新預託金で会員募集


 一部上場の大和ハウス工業鰍フ子会社(ダイワロイヤルゴルフ梶jが運営管理するアローエースGC(18H)が、開場25周年を記念して7月1日から名変停止にし新会員の募集を開始する。

 第1次新規会員募集は、正会員30万円(入会金10+預託金20)で300口、平日15万円(入会金5+預託金10)で若干名。年会費は正3.15万円、平1.575万円。

 現会員には募集に伴う預託金との差額を全て返還し、新規会員募集による新生アローエースGCを目指す。


戻る


 飯能グリーンカントリークラブ(埼玉県)名変料を預託金から充当可に


 飯能グリーンCC(18H)は、平成24年7月1日〜平成25年12月31日までの期間限定で、名変料の50%まで預託金から充当できる方法を採用する(ただし、同方式での取り扱いは1証券につき1回まで)。

 また、年齢制限も満30歳以上から満25歳以上に引き下げて入会を緩和する。

  

戻る


 麻倉ゴルフ倶楽部(千葉県)で「夏休みジュニアレッスン」開催


 東急不動産鰍ニ鞄結}リゾートサービスは、毎年恒例の「夏休みジュニアゴルフレッスン」を千葉県の麻倉ゴルフ倶楽部で8月20日開催する事になった。

 このレッスンは、アマチュアゴルファーの裾野拡大とジュニアゴルファー育成の為、ゴルフ経験のある小学校1〜6年を対象に2008年から開催され、今年で5回目。今までは、那須国際GC内の実践型ゴルフ練習場「トライフィールド」行っていたが、「実際のコースでレッスンを受けたい」「アクセスしやすい立地で開催してほしい」との要望が多いことから、麻倉GCの開催となった。

 また、今回はゴルフ未経験のジュニアの参加が可能になる。参加費は無料で、定員は80名。定員越は抽選になる。

 

戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com