ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2012年8月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 ひだかの森ゴルフコース(北海道)賃借から直営へ


 ひだかの森Gコース(18H)運営の合同会社ひだかの森ゴルフ倶楽部は、7月31日に総社員同意により解散したと8月23日付官報で公告した。

 同社は旧日高国際CCの会員や地元有志で設立され、平成20年11月24日に営業を終了した日高国際CCのゴルフ場施設を所有する平岩観光鰍ニ賃借契約を結び、21年5月より現名称で営業していた。

 今回、施設を買い受けて営業する事になり従来の運営会社と同盟の会社を設立して継承したことから、旧来の会社を解散する事にしたようだ。


戻る


 国税庁、預託金100%カットの会員権にも損益通算認める


 国税局は8月23日付HPで「ゴルフ会員権譲渡所得にかかわる取得費の取り扱いについて」と題した文書を公開した。

 会社更生法、再生法等含で預託金が100%カットとなった会員権(プレー会員権)の譲渡による損益通算を事実上認めた。

 預託金が100%カットされた会員権は当初、損益通算が可能だったが、6〜7年前から損益通算適用外と見なされていたが、今回の改正はプレー権のみの会員権流通が増えてきたことがその背景にあるとみられる。

 この取扱の変更は過去(5年経過未満)に遡って適用するとし、この変更を知った日の翌日から2ヵ月以内い所轄の税務署に厚生の請求をする事により所得税が還付される(更生計画が判る書類の提出も必要)とした。

 国税庁のお知らせ


戻る


 函南ゴルフ倶楽部(静岡県)8月22日から名変再開


 函南GC(36H)は、一般社団法人を設立して経営会社が発行した賛助正会員権と賛助平日会員権を買い取ってきたが、この買い取りが一段落したことから、8月22日〜名変を再開し、買取りで会員数が減少したことから同日から賛助正会員の募集も開始した。募集金額は30万5000円。

 

戻る


 湯田上カントリークラブ(新潟県)会社提出の再生計画案が可決


 湯田上CC(27H)を経営し、再生手続き中の新栄総業鰍ェ提出していた自主再建型の再生計画案が、8月23日に東京地裁から認可決定を受けた。


戻る


 鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)で「ハロウィンコンペ」を開催


 鹿沼CC(45H)の若手女性社員が企画したユニークなオープンコンペ「ハロウィンコンペ}を9月19日(水)に開催する。

 企画した女性はフロント売店などの5名で、「来場するプレーヤーとより交流を深めたい」と提案。初めて鹿沼CCで開催される運びとなった。80名規模のイベントだが、8月初旬に告示し月末には申込がほぼ満杯となる盛況という。


戻る


 昇仙峡カントリークラブ(山梨県)シャトレーゼとスポンサー契約


 昇仙峡CC(27H)経営で再生手続き中の鰹ク仙峡カントリークラブが、8月3日に潟Vャトレーゼホールディングスとスポンサー契約を締結し、すでに手付金として1億6000万円を受領したと会員等の債権者に報告した。

 再生計画案の概要についても踏込んで報告しているが、一部会員が会員組織「昇仙峡CC会員の権利を守る会」を結成し、これに反発している。


戻る


 武蔵野ゴルフクラブ(東京都)名変預託金を値下げ


 武蔵野GC(東京都・18H)は、9月3日受け付け分から名変預託金を改定する。

 改定後の名変預託金は、正会員の100万円→50万円、同一法人内75万円→50万円、平日会員75万円→25万円、同一法人内30万円→30万円となる。


戻る


 アジア取手CC・アジア下館CC(茨城県)の「3回目"無料deゴルフ!!"」が大ヒット


 茨城県のアジア取手CC(27H)、アジア下館CC(18H)が実施している、「3回目"無料deゴルフ!!"」が大ヒットしている。

 この企画は、期間中(今年6月〜9月)に2回プレーすると3回目のプレー代が無料(カート保険、利用税、昼食代は別途)になるというもの。(土日祝日2回プレーだと3回目は土日祝字が無料、平日2回プレーは平日が無料になる。)それだけに人気で、アジア取手では7月に670人、8月も半月で420人がプレーしている。

 齋藤喜栄子支配人は「売上は減少した、再考の余地がある企画」としているが、無料にチャレンジするのは若い人が多いことから今後の新規獲得やゴルファーの拡大にはなりそうだ。


戻る


 千葉夷隅ゴルフクラブ(千葉県)親族名変料等改定し終身会員制度を発足


 千葉夷隅GC(27C)は、8月1日から親族間の名変料を改定した。正会員42万円→2.1万円・平日21万円→1.05万円に値下げするとともに一親等以内を配偶者及び二親等以内に拡大した。

 また、終身会員は在籍3年以上、満年齢60歳以上の個人正会員及び個人平日会員が対象。資格・権利は一代限りで譲渡等はできないが、メンバーと同等の資格を持つ。

 

戻る


 太平洋クラブの民事再生計画案、7月末に配布


 民事再生手続き中の椛セ平洋クラブの再生計画案が7月30日前後に配布された。

 計画案は、潟Aコーディア・ゴルフをスポンサーとする資金投入型でスポンサーからの資金的援助により、当面の運転資金の他、別途除権者、再生債権者への弁済を行う方針。

 一般債権者への弁済率は7%で、@譲渡可能な正会員資格の継続A一身専属・譲渡不可の会員への切替B退会の3つからの選択で、@は現預託金(入会保証金)のうち7%を再預託し、残りの弁済を受ける、ABは7%の弁済。入会預託金300万円を納入している会員には、継続の有無にかかわらず21万円を弁済する。

 太平洋クラブ及びアソシエイツの無額面会員は会員資格も従来通り。

 

戻る


 富士OGM市原(千葉県)、9月に今年3回目のレディース杯を開催


 オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社(OGM)は、9月27日同社が運営する富士OGM市原コース(18H)で女性ゴルファー対象の「OGM市原レディース杯」を開催する。今年3月に同レディース杯を初めて開催したが、早くも3回目を迎える。

 競技方法はダブルペリア方式の18Hストロークプレーで、乗用カート・キャディ付・参加費+食事+コース売店ドリンク飲み放題(PB除く)で1万6000円。

 前回までの商品はプレー無料招待券の他、女性スタッフが厳選したアロマ空気清浄機、お花、果物などを用意。スタート前の和洋中バイキング、プレー後のプチフルコースなど品揃えを充実させた結果、回を重ねる毎に参加者も増えてきているようだ。


戻る


 葛城ゴルフ倶楽部(静岡県)9月1日より名変停止で会員募集


 静岡県の葛城GCが平成24年9月1日から平成25年8月31日まで名義書換を停止して、会員募集を行う。

 退会による欠員の補充が目的。正会員50口、平日50口の限定募集とし、在籍会員の紹介を主体に進める。

 募集金額は、正会員5,760,000円(内訳:入会登録料1,260,000円・会員資格保証金4,500,000円)平日会員2,735,000円(内訳:入会登録料735,000円・会員資格保証金2,000,000円)。会員1名の推薦人が必要になる。



戻る


 昇仙峡(山梨県)シャトレーゼをスポンサーに選定


 再生手続き中の鰹ク仙峡カントリークラブのスポンサー候補として 潟Vャトレーゼホールディングスの名前が挙がっている。入札には4社が参加した模様だが、シャトレーゼは8億円の最高入札価格を提示したとしている。

 同グループは今年に入って東京国際GCを取得するなどで、全国で12コースを経営しており、昇仙峡は13コース目になる予定。


戻る


 佐久平カントリークラブ(長野県)会社分割で轄イ久平カントリークラブを新設 


 タクシー会社・グリーンキャブグループの日本駐車ビル鰍ヘ、平成4年4月に吸収合併した佐久平CCのゴルフ事業に関する権利義務を、新設分割により設立する轄イ久平カントリークラブに承継させるとして、7月24日付で官報で公告した。

 日本駐車ビル鰍ヘ「親会社は変わっていないので、新設分割後も会員の権利義務関係に変更はない。」とのこと。

 新設分割期日は9月初旬を予定している。


戻る


 太平洋クラブ、再生計画案説明会を東京、大阪で開催


 椛セ平洋クラブ他6社は、債権者説明会を東京、大阪で行うことに決めた。

 東京は世田谷区民会館で8月7日午前10時からと午後2時の2回、大阪は、御堂会館難波別院で8月8日午後1時から開催する。

 説明会は当初予定していなかったが、「太平洋クラブ会員の権利を守る会」や「太平洋クラブ被害者の会」とも会社案を否決する動きにあり、裁判所側も説明が必要と判断し会社に指導した模様。


戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com