ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2012年11月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 太平洋クラブ、スポンサー募集要項をホームページで発表


 太平洋クラブ他5社の管財人である長澤徹弁護士は、11月26日にホームページ上に
「太平洋クラブ スポンサー募集について」を掲載し、スポンサーの公募を開始した。
 
 ファイナンシャルアドバイザーに叶V生銀行を指名し、スポンサーを公募の上、入札方式で選定するとしている。

 公募スケジュールは、応募登録申し込み期間が11月26日〜12月26日まで、一次入札は来年1月15日、二次入札が同3月下旬〜4月上旬、スポンサー基本契約締結が同8月末、債権者集会、更生計画案認可決定が同年秋、弁済、引き渡しが25年内とした。

 

戻る


 PGMホールディングス、アコーディア株のTOB発表


 東証一部上場のPGMホールディングス鰍ヘ11月15日、同じく東証一部上場でゴルフ場運営最大手の潟Aコーディア・ゴルフの株式を公開買付けにより取得すると発表した。

 買付期間は、11月16日から来年1月17日まで。買付価格は1株8万1000円。買付予定数は52万4105株で株式割合で20〜50.10%の株式取得を目指す。買付代金は169億円〜424億53百万円。


戻る


 米原ゴルフ倶楽部(千葉県)市原南IC(仮)開通に向けて新規顧客開拓対応に着手


 同倶楽部の現在の最寄ICは圏央道・木更津東ICでそこからコースまでの所要時間は35分だが、市原南ICが開通するとコースまで7分弱と大幅に時間が短縮される。

 現在クラブバスの運行は無いが、開通に合わせて市原南IC近くの市原鶴舞バスターミナルまで送迎を検討中。
1名予約の実施日拡大や様々なプランを提供する予定。

 同倶楽部は、小林光昭氏の設計でバンカーや池を多彩に配置した戦略性の高い18ホールズ。


戻る


 日本車輌、かずさカントリークラブ(千葉県)をアコーディアに譲渡


 かずさCC(27H)を経営する日本車輌製造鰍ヘ、ゴルフ場事業を12月14日付で潟Aコーディア・ゴルフの子会社へ譲渡すると発表した。

 同CCの会員数は約1400名。今後は会員に退会か、継続かの意向調査を行い、退会の場合は預託金全額、継続の場合は一定額に減額する新預託金(正50万円・平30万円)を除き全額を返還する方針。終身会員も含め会員のプレー権は引き継がれる。

 H24年11月9日〜H25年2月28日まで名変を停止する。


戻る


 武蔵カントリークラブ(埼玉県)笹井コースをクローズし、コース改造・クラブハウス新築へ


 武蔵CC(36H)は、来年5月のGW明けから再来年3月まで笹井コースをクローズし、コース改造とハウス新築を実施する事になった。


戻る


 太平洋クラブの管財人、更生手続開始の案内及びアンケートを送付


 10月30日に東京地裁から会社更生手続開始決定を受けた椛セ平洋クラブの管財人に就任した永沢徹弁護士(挨拶)は、債権者に更生手続開始の案内と会員の意向を知る為のアンケートを送付した。

 案内やアンケートは、預託金会員だけでなく預託金の無いプレー会員にも送付されており、管財人室では「預託金の無い会員でも会社更生手続き上は更生債権者である」と説明している。

 スポンサーについては、来年5月末をめどに選定を行いたいと説明している。


戻る


 バークレイカントリークラブ(栃木県)再生計画案を債権者に配布


 バークレイCCの資産保有・会員権発行会社で、民事再生手続き中の潟oークレイカントリークラブが、再生計画案を会員等の債権者に配布した。

 スポンサー方の計画案で、平成11年4月から同CCを運営している潟oークレイが資産等を承継する予定としている。

 会員に関する再生条件は、退会会員には預託金の5%を一括弁済、年会費の未納分は差し引いて弁済(マイナス分は徴収しない)。継続会員は5%を新預託金とする。年会費の未納分が5%内であれば差額を潟oークレイに支払い、5%を超えていた場合は5%を入会金として支払うことで会員としてプレーできる。尚、預託金は0となり一代限りの会員権に変更される。

 計画案の決議は、11月15日締切の書面投票と11月29日開催の債権者集会で行われる。


戻る


 再生計画中の昇仙峡カントリークラブ(山梨県)再生計画案配布


 昇仙峡CC(27H)を経営の鰹ク仙峡カントリークラブの再生計画案がこのほど配布された。

  会社側の計画案は潟Vャトレーゼホールディングスをスポンサーとした案で、会員に関する再生条件は退会会員には10万円+10万を超える部分のおよそ30%を確定後4ヶ月以内に一括弁済。継続会員には新預託金を10万円とし、その余剰部分は(10万を超える部分のおよそ30%)は確定後4ヶ月以内に弁済としている。

 一方、債権者側の案は群馬県のストーンヒル藤岡GC経営の藤岡温泉ゴルフ&ホテルリゾート鰍ノ、昇仙峡CCを4億円で事業譲渡するもの。会員に関する再生条件は、退会会員には15万円+15万を超える部分のおよそ3.4%を確定後4ヶ月以内に一括弁済。継続会員は15万円を預託金とし、その余剰部分(15万を越える部分の3.4%)を確定後4ヶ月以内に弁済、継続会員の預託金は藤岡温泉側に預託するとしている。

 決議は12月12日に開かれる債権者集会で行われる。


戻る


 伊豆大仁カントリークラブ(静岡県)、伊藤忠商事鰍フ完全子会社に


 伊藤忠グループの伊豆大仁CC(27H)を経営する伊豆大仁開発鰍ェ経営体制の強化の為に、減損損失処理や、資本金の増資と減資など一連の手続きに着手している。

 同CCのホームページの説明

  会員権市場の混乱、トラブルを避けるため、11月1日から来年3月31日まで名変停止にする。
 

戻る


 利用税廃止要望書を総務省に提出


 10月18日、ゴルフ場利用税廃止運動推進本部が総務省に「ゴルフ場利用税の廃止を求める要望書」を提出した。7月にも同要望書を提出していたが、10月1日の内閣改造で総務大臣が交代したことから、再度の提出となった。


戻る


 太陽カントリークラブ(静岡県)地主申し立てで破産


 静岡県の太陽CC(27H)を経営する椛セ陽カントリークラブが、10月24日債権者である地主の申し立てで東京地裁から破産手続き開始の決定を受けた。

 平成22年9月に台風9号の余波による豪雨で、あかねコース(9H)に大規模な土砂崩れが発生。5億円以上を投下して改修を行ったこと、変則27Hで営業していたが評判が悪く18H営業に切り替えたことで年間の売上高が2億円ほど減収になったこと、さらに預託金の償還問題を抱えていること…等から地代が未納となっているようだ。未納額は1億5000万円ほど。

 名義書換えは10月20日に停止。ゴルフ場の営業については、管財人から継続して行うように指示が出ている。


戻る


 安芸カントリークラブ(広島県)が間接株主会員制への移行を提案


 安芸CC(18H)を経営する新日本興産鰍ェ会員に預託金会員権を株式に転換してもらう「新会員制度」を提案し、預託金問題の解消と今後の経営を安定させる施策に取り組んでいる。

 同CCは預託金償還を長期分割により返済続けていたものの、会員権相場の低迷等で今後は安定して返還を続けることが出来ない状況になっていたという。

 そこで、ゴルフ場施設と金融債権等の資産、それに会員預託金を除く負債を100%子会社の活タ芸ゴルフ倶楽部を設立して今年9月に会社分割に継承した。

 一方会員は、設立された「一般社団法人安芸カントリークラブ」の社員となり、社員総会と理事会で会員の意思決定を行い、会計開示を受ける事や取締役を派遣してもらい、間接的に会員に経営に参画できるようになる。また、預託金1万につき、新会社の株式1株に交換。実質的にゴルフ場の所有者になると説明している。

 

戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com