ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2013年10月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 久慈川カントリークラブ(茨城県)コース競売で会員プレー権消滅


 現在、コースは閉鎖で名変停止中の久慈川CC(18H・S62開場)が、コース・施設の競売で所有者が替わり会員のプレー権が消滅していることが判明した。

 同CCを経営する国際グリーン鰍ヘ、平成18年10月11日に再生計画案が認可決定。当時大証二部上場のシグマ・ゲイン鰍ェスポンサーとなり、預託金99%カット、1%を平成19〜28年の10年均等払いまたは新預託金とする再生案が認可され、平成21年11月9日には再生手続き終結決定を受けていた。

 しかし、ゴルフ場の登記簿によると平成21年9月18日に水戸地裁で競売開始決定が下され、24年8月23日に担保不動産競売による売却となっている。

 つまり、再生手続終結決定を受ける前に、競売開始が決定していたもの。裁判所の関与や再生手続きの信用性も疑われそうなケースだ。

 ちなみに新所有者は債権者(17年4月22日にサービサー会社から債権譲渡)でもあった潟Tンクチュアアセットマネージメント。関連会社に当たるウィンザーパークG&CCを経営する潟Tンクチュアリゾートでは「久慈川CCは8月29日まで営業して閉鎖した。動産も引き継ぎ、年内営業再開か、来年4月再開かを近々にも決める模様。ただし、コース・施設を競売で取得したため国際グリーンの債権債務は継承しない。別の名称でパブリックで営業することとなろう」と説明している。



戻る


 兜ス和・PGMホールディングス鰍フ新規男子ツアー、美浦GCで開催


 兜ス和、PGMホールディングス鰍ヘ、新規男子プロゴルフツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」を11月7日から10日までの4日間、茨城県 美浦ゴルフクラブで共催する。

 美浦GCは、過去に日本女子プロ(1998年)や日本プロ(2003年)などの舞台にもなっており、今大会では最終18番521ヤードをパー4(通常はP5)とし、クライマックスを盛り上げるとしている。

 大会の模様は4日間とも生放送(BS朝日)されるほか、大会ホームページから動画配信も行う。また、期間中はギャラリー駐車場やJR土浦駅から会場まで送迎バスを運行するとしている。


戻る


 圏央道の延伸で市原市や茂原市等のゴルフ場は来場増


 千葉県の、圏央道 木更津ICから東金JCT間(IC3か所)が開通して半年。神奈川、東京都などからのアクセスが向上し、市原鶴舞IC周辺のゴルフ場では1〜2割の来場者が増加しているようだ。

 例えば、鶴舞CCは木更津東IC・市原IC30分→3分・1割増、タクエーCCは木更津東30分→5分・1割以上増、房総CC木更津IC50分→15分・1割増、米原CC30分→8分・2割増。

 また、茂原長南IC周辺ゴルフ場も好調で、茂原長南ICから8分となった長南CC、長南pコースも1割ほど増加したという。

 尚、土日祝日朝、渋滞していた市原鶴舞ICの開通で同ICから右折して1つ目にある山小川の交差点も、右折車用の「みなしレーン」を設けることで解消されそうだ。開始は11月1日を予定。


戻る


 ゴルフクラブツインフィールズ(石川県)更生手続き開始決定に


 民事再生法の適用か、会社更生法の適用かで揺れていたGCツインフィールズ(36H)経営のツインフィールズ鰍セが、大阪地裁は10月10日に更生手続きの開始を決定した。

 同社は、昨年8月27日に民事再生法の適用を金沢地検に申請し、今年5月までに自主再建型の再生計画案を債権者に配布、6月には債権者集会を開くことが決定していたが、会員有志で組織した「ツインフィールズ新生の会」が経営陣の経営が不透明だとして今年3月29日に更生手続きの適用を申請していた。

 

戻る


 フォレスト旭川カントリークラブ(北海道)、民事再生法の適用を申請


 フォレスト旭川CC(18H)を経営する旭川リゾート開発鰍ヘ、10月15日に札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。

 これまでの経緯をまとめると

 平成 2年    700万円(預託金据置期間なし)等で募集開始

 平成 5年7月 JAS旭川カントリークラブの名称で開場(母体:旧・日本エアシステム:JAS)

 平成16年2月 会員権5分割、10年間の据置期間を設ける

 平成18年    JASが鞄本航空(JAL)に吸収されたため、名称変更

 平成20年   JALがゴルフ場事業から撤退、JAL子会社が同ゴルフ場を経営する
         「旭川リゾート開発梶vの株式を潟Aサヒコーポレーションに売却

 現在に至る。
 
 来年の26年に会員の預託金償還が一斉に到来することから、今年2月に会員に預託金の永久債化を提案するも、一部同意しない会員からの法的手続きでの請求が提起されたことなどから民事再生での再建を目指すことに決めたという。

 会員説明会は10月21日地元で開催。負債総額は46億円5300万円。
 

戻る


 上武カントリークラブ(群馬県)鬼石コースを閉鎖し太陽光発電に


 上武CC(27H)は、9ホールの鬼石コースを太陽光発電に利用するため8月末で閉鎖した。9月から浄法寺コースの18ホール体制となったが、11月ごろから新規会員募集を行い、活性化を目指していることも明らかにした。

 同CCは、昨年12月に破産手続き開始を申請し、抵当権者で電子ブレーカーなど電気関係の潟Wェルシステムの子会社に当たる、上武ゴルフマネージメント鰍ェ浄法寺コースを、潟Iージーシーが鬼石コースを事業譲り受けし、平成24年3月から新体制での運営となった。

 しかし、鬼石コースは浄法寺と車で5分と離れているため、9Hを2回ラウンドのみに限定したが、需要が伸びず採算が好転しなかった。もっとも、親会社が電気関係でもあることもあり、太陽光発電にむいていると着目、すでに東電とは売電の協定を結んでいるという。具体的な詳細や完成時期は決まっていないが、潟Iージーシーが事業主となり年内着工予定としている。

 一方コースは浄法寺のみの18ホールとなったものの、破産前に1万人弱在籍していた会員数が約1300名に減少したことから、新規会員募集をする考えで、名変料10.5万円で受け付けている名変を募集開始の際は停止する方針だ。

 募集金額は15万円程度で、1名記名の他に記名登録付も検討しているらしい



戻る


 鹿野山ゴルフ倶楽部(千葉県)消費税改定を見据えて相続・贈与の名変料を改定


 鹿野山GC(27H)は、10月1日から相続・贈与の名変料を改定した。

 正会員は10.5万円→5.25万円、平日会員を5.25万円→3.15万円、週日会員2万円から1.05万円で、同一法人内は正会員は変更なしも、平日と週日会員は5.25万円→3.15万円とした。

 また、入会時に預託金なしを選択した場合は一代限りの終身会員となるが、正会員の譲渡を10万円→5.25万円、平日会員5万円→3.15万円、週日会員を2万円→1.05万円とした。

 コースでは「消費税改定を見据えて相続・贈与の名変料を下げた。市場に売り物は少ないが、より名変料の安い終身会員に問い合わせが多い。会員資格も同じなので、若い方でこれから長くゴルフを楽しみたい方が探している。クラブ側としても活性化に期待したい」と説明している。


戻る


 越谷ゴルフ倶楽部(埼玉県)10月1日から18ホールの新コースで営業を開始


 PGMグループの河川敷コース・越谷Gは、江戸川の堤防強化工事(スーパー堤防造築)に伴い規模縮小を迫られ9H(36H→平成20年11月・18H→平成23年12月・9H)で営業をしていたが、堤防工事が完成し、10月1日から新コース(18H)での営業が開始された。

 新コースは、旧吉川コース18Hに新アウトコース、三郷コース18Hに新インコースとゴルフ練習場を建設、クラブハウスは現在仮設だが、来春の完成を目指している。しかし、ゴルフ客だけではなく地域住民も活用できる施設にする意向を示しており、完成が遅れる可能性もあるようだ


戻る


 レイクウッドゴルフクラブ(神奈川県)副会員制度を来年4月発足


 法人会員制のレイクウッドGC(36H)は、現在正会員以外に1名登録・グリーンフィが全曜日6,000円になる「会員代理登録者制度・年会費無料」と「レイクウッドゴルフクラブ・アソシエイツメンバーの会・年会費10万円」の2つの制度を設けているが、来年3年に両制度が同時に終了することから、新たに副会員制度を設けて一本化することになった。

 副会員制度は、正会員1名につき年会費3万円(税別)で、廃止される2制度と同様に全曜日6,000円となる副会員1名を登録できる。

 副会員は、ネームタグや誕生日優待券、特別優待券などを支給する。申し込みは平成25年12月31日まで。


戻る


 東我孫子カントリークラブ(千葉県)営業再開


 9月16日に上陸した台風18号の影響でコースが冠水しクローズしていた東我孫子CC(27H)が、10月5日から18ホールで営業を再開した。

 同コースは昨年11月から新クラブハウスの建設を進め、9月4日にグランドオープンしたが、その直後の冠水で2日ほどしか営業していなかったため、9月30日、10月1日の両日は山手線で社内の中吊り広告を掲載し、キャンペーンの行った。

 当面の営業は東・中コースの18ホールで、西コースの再開は10月いっぱいかかる模様。

 新クラブハウスは、スポーティな造りの3F建て、女性施設が充実しているそうだ。

 10月20日まで、営業再開を祝して昼食(メニュー8品)を半額(食事付の月、火を除く)で提供している。


戻る


 太平洋クラブ債権者説明会開催


 会社更生手続き中の椛セ平洋クラブ他5社は、9月22日に東京、23日に大阪で債権者説明会を開催した。

 東京会場の日比谷公会堂には約700名の債権者が参加。

 永沢徹管財人は、運転資金が足りない中で名変料で6億7千万円の収入を得たこと、入場者数は前年を上回り堅調なこと、御殿場コースでのトーナメントは無事開催すること等を説明、債権者弁済については、スポンサーの潟}ルハンからの捻出金270億円での10%に加えて、事業収益金・手元資金から1.82%を確保したこと、プレーが著しく困難になった会員を対象とした「休会制度」の新設、会員債権者への弁済例などを説明した。

 最大の担保権者のマルハンには確定した更生担保権150億72百万円を弁済し、確定額を超える額は一般再生債権となるがその債権は劣後として弁済率は6.134%とし、残りは将来の運転資金として確保するという。

 また、潟}ルハンから韓裕社長、韓俊副社長が挨拶。潟}ルハンの韓俊副社長からは、具体的施策として、トーナメントの継続実施・誘致や海外コースとの提携、利用コースの拡充、17億円を予定している設備投資(電磁誘導カートやカーナビ、管理機械、新型貴重品ロッカーの導入やシステムの刷新、施設の改修)を挙げ、会場から拍手が起こった。

 ちなみに、韓俊副社長は、太平洋クラブの社長候補である。

 更生計画案の決議は10月8日を期限とした書面投票で行われる。現状での更生計画認可決定は10月30日を予定、弁済終了後、来年3月末にも更生手続き終結決定を受けて、新体制に移る予定とした。

 なお、9月から停止した名変については「経営が安定した時点で再開する方針」として具体的説明は控えた。


戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com