ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2014年7月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 旧・利根ゴルフ倶楽部 破産業務終了


 茨城県 霞南GC(18H)の旧経営会社、㈱利根ゴルフ倶楽部の破産管財人は会員など債権者に「破産業務はほぼ終了」と報告をした。

 報告によると、簡易配当を行うがその手続きに参加することが出来る債権総額は約6720万円で、簡易配当する金額は約972万円。優先的破産債権である公租公課のみに対する配当で、会員など一般債権者への配当は当初の報告通り、ゼロだった。

 ゴルフ場は、昨年12月にスポンサーの㈱サンクチュアアセットマネージメントの子会社である㈱サンクチュアリ霞南へ資産譲渡を行い、霞南GCとして営業中。会員募集も行っている。

 
戻る


 サラエカントリークラブ尾瀬(群馬県)経営会社、ゴルフ場名変更で7月1日より営業再開


 サラエCC尾瀬(18H)は、今期営業を見合わせていたが、新たな会社で7月1日に営業を再開したことが分かった。

 名称も「サラエ尾瀬ゴルフ&リゾートホテル」に改め、新運営会社は御岳G&RH(長野県)を運営している㈱御岳ゴルフ&リゾートホテルと同系列となった。

 会員(180名)のプレー権を継承するが、いずれ会員を募集して新会員権を発行する方針。

 
戻る


 一般社団法人の高松カントリー倶楽部(香川県) リソルへ事業譲渡を計画


 一般社団法人で運営する髙松CC(18H)は、7月3日、ゴルフ場事業をリゾートソリューション㈱(リソル)に譲渡する計画を明らかにした。

 リソルでは会員のプレー権を継承し、ゴルフ場名も継続する方針で、従業員の雇用も引き継ぐ。しかも現在6万円の年会費も3万円まで引き下げ、リソルグループゴルフ場の優待利用も加えるという。

8月25日に開く臨時会員総会で会員の分の2以上の賛成を得られた場合に譲渡計画を実行に移す。その場合譲渡予定日は9月1日で、譲渡後同クラブは精算する方針。

 
 
戻る


 一関カントリークラブ(岩手県)破産手続き開始決定


 一関CC(27H)を所有する㈱一関カントリー倶楽部と、平成17年に同社からゴルフ場を賃貸して運営していた大地商販(有)が6月30日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は大川康平弁護士(03-3274-2571)。

 破産開始後も管財人のもとで営業中で、スポンサーを募っているという。

 負債は㈱一関CCが債権者数約5667名、約86億7800万円、大地商販が債権者数約86名、約2億7500万円。

 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com