ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2014年8月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 アコーディア、レノ側の要求を受け入れる


 ㈱アコーディア・ゴルフは、株主の㈱及びレノグループ会社からの臨時株主総会の招集請求に対応し、8月12日に早期のアセットライト施策の前倒し等、レノグループの要求に沿う形で今後の方針を発表した。また、これを受け同日、レノグループ側からの臨時株主総会招集等請求が撤回されたことも明らかにした。

 
戻る


 葉山国際カンツリー倶楽部(神奈川県) 茅ケ崎GCメンバーに入会特典の実施


 葉山国際CCは、平成27年3月末を以て閉鎖する茅ケ崎GCメンバーに対して、同倶楽部へ入会する場合 推薦者を免除する入会特典を実施する。期間は平成26年9月1日から平成27年3月31日。

 もっとも推薦者なしの優遇措置だけであり、市場で会員権を購入する必要があり、名義書換料、入会預託金の支払いが減額、免除される訳ではない。

 入会申請をする場合、通常の書類の他 茅ケ崎GC発行の「在籍証明書」が必要。

 ちなみに、茅ケ崎ゴルフ倶楽部の存続を図る会は、京都の経営会社(観光日本㈱)と面談をしたり、署名運動を活発に行っている。近々総会も開かれる様子。

 
戻る


 府中カントリークラブ(東京都)コース改造工事終了


 今年1月からクローズしてグリーンを中心にコース改造していた府中CC(18H)は、7月20日からメンバーのみ対象の仮オープンをした。

 この改造によって戦略的なバンカーや花道が設けられ、2グリーンを簡易的に合体させていたグリーンを縮小、バックティからの全長は、渋滞の6675ヤードから6727ヤードに伸びた。
 
 10月からはビジターも受け入れるが、年内は受入組数を制限する。

 
戻る


 アコーディアの発表に大株主の㈱レノ反発


 アコーディア・ゴルフは、8月1日BTによるアセットライトの取引完了を発表し、同4日には検討していた自己株式公開買付と追加株主会員還元等を発表したが、大株主である㈱レノ(7月28日時点で33.26%の株式を取得)から臨時株主総会の招集請求を同5日に受領したと発表した。

 自己株式公開買付は8月5日から開始しており、当初の下限設定額より上ぶれ下部分は追加株主還元として1株当たり5円のアセットライト実施記念配当を実施(9月末予定)。

 これにより年間配当予定額は41円になる予定となった。向う2年間で簿価ベース240億円の残ゴルフ場の売却を想定、追加で80億円程度の積み増しを検討、この前倒しにより中間計画による総株主還元性向目標90%にとどまらずさらなる還元を目指すとした。先日発表した太陽光発電事業も原則アセットライトの方針で事業を行う予定としている。

 尚、レノからの書面には、①社外取締役6名の解任②三浦恵美氏(レノ代表取締役)ら5名の社外取締役の選任、③以後2年間で400億以上の追加アセットライトが可能であり、2017年3月期までの向こう2基で200億以上の株主還元をすることも可能と考える等、とされている。

 
 
戻る


 アコーディア90コースを売却、直轄保有は42コースに


 ㈱アコーディアゴルフは8月1日、ビジネス・トラスト(BT)によるアセットライトに関する取引の完了を発表した。

これに伴い 90コースのゴルフ場事業を、シンガポールで組成されたBTのSPC(アコーディア・ゴルフ・アセット合同社・8月1日シンガポール証券取引場に上場)に売却し、これら対価や対象ゴルフ場への既存貸付金の回収金等として合計で約1132億円を受領した。

 これを原資として8月初旬に予定している450億円以上の自己株式買付に加え、その他株主還元の実施について検討するとしている。

 アコーディア・ゴルフの直轄保有ゴルフ場は43コースとなった。

 
戻る


 太平洋クラブ、コース改修等の進捗状況を会報で報告


 ㈱太平洋クラブは、このほど会報「VOL.02」号を発行し、各コースの改修等を紹介している。

 多くのゴルフ場でハウス内の空調設備やカーペット等の張替え、カート関係の工事を行っているようで、電磁誘導式ゴルフカート導入は宝塚で導入、美野里、市原、佐野ヒルクレストは年内導入予定。カートナビも宝塚、相模、大洗シャーウッドで導入済み、有馬、益子、美野里で導入予定。3コースにあるホテルは来春、リニューアルの予定。

 これらは、3年間で43億円を予定している「設備投資計画のごく一部」だという

 
 
戻る


 ㈱ケン・コーポレーション、買収した2コースでメガソーラ―を建設


 不動産業者でホテルの経営・運営にも進出している㈱ケン・コーポレーションは、太陽光発電事業に進出したことを先頃発表した。

 内容的には群馬県の嬬恋村に5か所で8メガ、栃木県の那須烏山市で28.2メガ、茨城県の日立市で31.2メガのメガソーラ―を建設するというもの。

 また、那須烏山市の用地は旧東宇都宮CC、日立市の計画は昨年12月に閉鎖した新美里CCのゴルフ場用地であることが判明した。

 東宇都宮CCは、同CCを経営する東宇都宮観光㈱が昨年4月に破産し、その後ゴルフ場経営準大手のJGMグループが破産管財人から取得していたが、ゴルフ場事業の継続には多額の資金が必要との理由から、早々とケン・コーポに売却したといわれている。新美里CCについても、閉鎖前の10月に所有権売買で取得していた。

 
 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com