ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2014年10月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 レノグループ、アコーディアの持ち株比率低下


 ㈱アコーディア・ゴルフの自己株式公開買い付けにより、最大株主のレノグループの持株比率が15.13%に低下したことがわかった。

 9月29日にアコーディア・ゴルフに1400円でアコーディア・ゴルフ株を売却、保有比率は処分前の35.20%から約20%減の35.13%に減少。保有数数は約1600万株となっている。

 
戻る


 太平洋クラブ、スリランカのザ・ロイヤルコロンボゴルフクラブとレシプロ契約締結


 ㈱太平洋クラブは、スリランカのザ・ロイヤルコロンボゴルフクラブ(18H)とレシプロ契約を結んだ。同GCのホームページによると130年以上も前に創設され、イギリス以外で2番目に古いゴルフクラブと紹介されている。

 海外との契約は2コース目となった。

 
戻る


 東名御殿場カントリークラブ(静岡県)来年2月以降に新体制で営業再開


 昭和52年オープンし、今年まで東名御殿場カントリー倶楽部㈱が経営していたが、クラブハウスが競売にかかり、6月11日に1億円で落札された。このためゴルフ場は営業をストップ、会員などの対応は本社が行うようになっていたようだ。

 経緯、詳細は確認できていないが、9月25日付でネット上に「開業準備のお知らせ」が掲載され、落札したのは㈱ATPであることが分かった。

 (株)ATPは不動産会社で、1992年に日本政策投資銀行・神奈川県など官民116団体が出資し設立された会社(当時は(株)厚木テレコムパーク)。その後、民事再生法を経て2012年7月に現名称に変更している。同社HPでは、26階建てのオフィスビル・厚木アクストの大部分を保有し、グループ会社は全国18力所のホテルを経営しているようだ。

 なお、会員の処遇に関しては何らかの対策を検討し、プレー権については残す方向にあるらしい。また、ゴルフ場名を「レンブラントGC御殿場」に変更する予定で、会員制で運営すため、年明け早々にも会員募集を行う計画もあるという。
 
 ㈱ATPの開業準備のお知らせ
 
 
戻る


 小田原ゴルフ倶楽部日動御殿場コース(静岡県)預託金償還の抽選会を開催


 小田原GC日動御殿場コース(18H)を経営する㈱日動は、民事再生計画の成立から10年が経過し、新預託金の据置期間が満了したのを受け、10月9日に民事再生計画の規定に基づき償還する人を決定する抽選会を同倶楽部クラブハウスで開催し、64名の当選が決まり、10月末までに預託金が一括弁済されることとなった。

 これは再生計画案に基づく償還で、継続会員は預託金の10%を新預託金(10年据置)となり、確定日から10年後、退会希望者に一括弁済される内容。但し、償還総額は毎年、前年決算ん経営利益の2分の1を限度とし、限度額を超える場合は抽選で償還することとなっていたもの。

 当選しなかった人には再度、預託金返還手続きの書類が送られ、本年と同様に限度額を超えた場合は来年も抽選会が開催される。

 同GCホームページ抽選結果
 
 
戻る


 サンモリッツカントリークラブ(栃木県)産業処分場の建設計画浮上


 栃木県のサンモリッツCCの用地を利用して、管理型最終処分場の建設計画が進められていることが分かった。

 この計画に対して地元の下牧町会は9月28日に臨時総会を開き、管理型の廃棄処分場の必要性を訴えたが、住民側は強く反発し反対同盟を立ち上げたようだ。

 一方、同CCには預託金会員が数多くいるが、具体化すれがか預託金やプレー権の問題が発生する。これについて、同CC関係者は「会員にはまだ説明を行っていないが、建設計画は預託金問題を解決する目的もある」と語っている。

 ただ、県との事前協議には至っていないようで、実現にはかなりの時間がかかりそうだ。

 
戻る


 太平洋クラブ、マカオG&CCとレシプロ契約締結


 ㈱太平洋クラブは、中国・マカオにある「マカオゴルフ&カントリークラブ」とレシプロ契約を結んだことを発表した。
 同クラブは1993年オープンの中国南部で最も古く確立されたゴルフクラブの1つで、リゾート地ながら18Hのチャンピオンコースがあり開場以来、アジアンツアーの「マカオオープン」を開催している。

 レシプロ契約締結は9月6日。海外との契約は2コース目となった。

 
 
戻る


 伊香保ゴルフ倶楽部岡崎城コース(群馬県)10月からリソルに運営を委託


 伊香保GC岡崎城C(27H)は、10月1日からゴルフ場運営をリゾートソリューション(略称:リソル)に委託することになった。

 集客面での提携をが主な目的だが、会員もリソルカードに登録すればリソルグループが運営するゴルフ場やホテル等が割引で利用できるようになる。同GCは温泉の近くでリソルの会員にも利用できるので双方メリットはありそうだ。

 尚、運営の委託で会員の権利等の変更はない。

 
戻る


 長野京急カントリークラブ(長野県) 8月12日から営業休止


 京浜急行グループの長野京急CC(18H)が、地元自治体等との協議で合意した用法、用量を超えて農薬を使用していたことが判明したことから、8月12日から営業を休止している。

 行政機関立会いのもと周辺の水質調査を実施した結果、人体への影響はないと定める数値を下回っている事を確認しているが、再開時期については告知できる段階にないとしている。

 同CCは開発当時の昭和63年から長野県との協議に入り、環境アセスメントに着手、県や2市、地元区、水利権者と協定を締結し、農薬使用に関しては「環境への影響をできるだけ軽減する為原則無農薬とし、グリーンに病気が発生してやむを得ない場合に限り、殺菌剤だけを散布する計画」と発表していた。

 長野京急コメント

 
戻る


 ノザワワールド、 雲雀ゴルフ倶楽部(茨城県)を11月30日で閉鎖


 先頃、ニュー・セントアンドリュースGC・ジャパン(NSAJ)をオリックスグループから買収したノザワワールドが、平成24年1月30日に傘下とした 雲雀GC(茨城県・18H・パブリック)を11月30日を以て閉鎖することが分かった。

 同じグループのカワカミバレーCCもメガソーラ―事業向けに今年の10月13日をもって閉鎖することを明らかにしているが、雲雀GC同様だという。

 これにより、グループコースは城里GC(茨城県)、NSAJの2コースとなる。

 
戻る


 葉山国際カンツリー倶楽部(神奈川県)10月1日に36ホール営業を再開


 神奈川県の葉山国際CCは平成25年3月から行ってきたエメラルドコース(18H)の1グリーン化工事が先頃終了し、10月1日から36ホール営業を再開する。

 1年半ぶりとなる36ホール営業再開に際しては、ダイヤモンドコース(18H)はキャディ付プレー、エメラルドコースはセルフプレーという従来のラウンドスタイルを、当面の間、両コースともアウトコースのトップスタートから10組(エメラルド)ないし15組(ダイヤモンド)をキャディ付プレー、アウトコースのそれ以外及びインコースをセルフプレーと変更する。

 尚、平成23年7月から実施していた名変料半額キャンペーンは9月30日で終了し、通常名変料(税込 正会員:75.6万円、平日:54万円)に戻す。

 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com