ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2015年4月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 関東近県ゴルフ場閉鎖状況

 
閉鎖中ゴルフ場の再開等の情報を下記に記載しました。(関東近県メンバーコース抜粋)

県名 コース名  閉鎖  再開  備考  メガ
秋田 秋田プレステージGC H26.11  未定  天候不順や採算性を理由に理事会で倶楽部閉鎖を決定   
福島 千本桜リゾートGC&H  H27 不明  H27年は営業見合わせとHPで告知(H27年3月31日まで電話対応)
現在、音信不通に
 
いわきプレステージCC  H23.3 未定  原発次第で営業再開未定もコースの除染を検討しH24年秋に芝生をはがす作業に着手しH25年1月に終了、H25年6月4日に原発事故の補償56億円を求め東電を提訴、会員(預託金)については原発関連問題決着後対策  
クレステージCC H23.3  未定   H24年8月10日から避難指示解除準備区域(以前は警戒区域)でクローズ中、再開の見通し立たず、預託金の据置期間満了の会員には15年間の分割で返還  △
サンフィールド二本松GC H23.3 未定 コースが放射能により汚染、除染を求め仮処分申請を目指すも目途立たず
コース事務所は閉鎖し本社(℡03-3502-5353)が対応
 
新たいらCC H23.3  未定  営業不振で閉鎖、ゴルフ場として営業再開は不可能、メガソーラーの開発目指す一条工務店が用地を取得
リベラルヒルズGC  H23.3 未定  H25年3月25日に警戒区域から居住制限区域になりクローズ
営業再開の見通し立たず、会員(預託金)に周辺の系列ゴルフ場でのプレーを案内 
 
茨城 サットンヒルズCC&オリーブスパリゾート  H26.12. 廃業   H26年12月14日の営業をもって閉鎖すると会員に告知
新美里CC H25.12  未定 営業不振の上、震災でさらに厳しく営業続行不能と、H25年10月11日に土地の所有権者は㈱ケン・コーポレーション(東京都港区)に移行、メガソーラー用地として利用予定
新セント・フィールズGC H26.5  廃業  H22年に競売で経営交代、H26年春に突然ゴルフ場閉鎖を表明、ゴルフ場用地は一条工務店が取得、メガソーラーへの転用を計画
ヴィレッジC大子コース H25冬  未定   H25年末よりホテル設備の不具合(館内の配管が凍り膨張して破裂)が数多く見つかり、復旧メド立たず  
ベイステージCC H23.3  不明  当面休業、詳細不明もメガソーラー事業を打診の話も、会員(預託金)の処遇不明  
栃木 JGMGC益子コース  H26.3 廃業  売上の激減等で運営継続を断念、H26.3/23に閉鎖案内、会員には姉妹コースのJGMGC笠間Cの転籍案内、メガソーラー計画の模様
新・ユーアイGC H26.1  廃業  H19からライオンゲイン㈱が営業権取得(所有者はコーポランド観光㈱)も債権者申立で競売に、H2.10に約6億6千万円で那須エコファームの代表が落札、コースを飼料作物の生産農場に転換する計画といわれたがメガソーラー用地となりH26.6着工 
東宇都宮CC H25.1  廃業  H25.1/7からスポンサー模索のため弁護士に事後処理を一任しクローズも自己破産、H25.4にJGMグループが管理に入り、その後グループの㈱JGM東宇都宮ゴルフクラブが取得し直後にケン・コーポレーションがメガソーラー用地として取得しH26.7着工、会員(預託金)には配当なし
星の郷G&H H24.8 不明  HPではH24.8/20らコース改修のため土・日祝日のみ営業と案内も電話通じず閉鎖中、プレー会員権、中国の上海電力系が取得しメガソーラーを着工   
群馬 ストーンヒル藤岡GC  H27.2  廃業   HPでH27年2月15日の営業をもって閉鎖と告知、新所有会社の㈱ウエッブウッズ(神奈川県川崎市)では温泉ホテルは営業継続と  △
伊香保GC清瀧城コース H26.1  廃業   HP上で「コースの営業はH26.2/28に終了」と案内、実際は1月26日の営業が最後に、メガソーラー用にコースを一条工務店に売却、会員には同経営の伊香保GC岡崎城Cへの転籍を案内  △
長野 諏訪GC  H26.12  不明   H26年12月から会員権の名変停止、ゴルフ場は売却方針で廃業と、県ゴルフ連盟も退会、新所有会社は隣接のホテル等は営業する方針と伝わるもゴルフ場は不明、一説にはメガソーラーとも
カワカミバレーCC H26.10  廃業  HP上でH26年10月13日をもって営業を終了し閉鎖と告知、メガソーラー基地になる模様
静岡 下田CC  H27.3  不明   H27年2月末で営業休止、関係会社の㈱ライオン(福岡勇次社長)によると今後の利用を検討中と、太陽光発電の噂もあり  △

 
戻る


 よみうりカントリークラブ(兵庫県)5年ぶりの日本プロシニア選手権開催


 今年6月5日~6日に、兵庫県のよみうりCC(18H)で、日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権が開催される。

 同CCにとっては5年ぶりのプロトーナメント開催で、日本プロゴルフ協会主催、㈱ゴルフパートナーが特別協賛、入場は無料。当日は、ゴルフパートナーの各店舗で食事優先権を配布する他、開場の近隣駅からギャラリー専用バスも運行するので気軽に来場できるとしている。

 ぐらんふぉは60歳以上、ゴールドは68歳以上が参加。倉本昌弘、室田淳各プロもグランド初参戦の予定。

 
戻る


 スカイウェイカントリークラブ(千葉県)会員がスポンサー案に反発


 4月6日に東京地裁より民事再生手続き開始決定を受けたスカイウェイCCの経営会社、㈱スカイウェイカントリー倶楽部だが、会社方針に反発した同CC会員が4月17日に集会を開き、「スカイウェイCCの債権を考える会」を発足した。

 「最大の債権者である会員の意見を一切聴取せず手続きをし、スポンサーを㈱アコーディア・ゴルフにするというのは絶対反対」とし、「会員御手による再建を目指す」という。

 同会担当弁護士は、民事再生手続きに反対し、会社更生手続きでの再建に賛同する「意向表明書」の署名を出来るだけ集め、同地裁に提出する方針とした。


 集会には今回再建モデルとした、浜野GC前代表取締役や会社更生手続きの第一人者で浜野GCも担当した清水直弁護士も出席して、手続きや浜野GCのケースを説明した。清水弁護士によると「預託金を株主に切替えればゴルフ場が会員のものになり、地価は坪3万と言われ、会員数で割ると1人330坪で1千万円相当の資産、会社更生て続きはほかの手続きに優先するので、500名(会員数正平合計848名)の賛同者を集めれば更生手続きに移行できる」等としている。

 会員からは費用面で懸念する質問も出たが、会員による株主会員制で再建できた際には会員権市場で売却しても出資分以上の換価は可能になると説明している。

 
 
戻る


 PGM、内原カントリー倶楽部(茨城県)を取得


 PGMホールディングス㈱は4月17日に、連結子会社のパシフィックゴルフプロパティーズ㈱が、内原CC(18H)を取得すると発表した。

 同CCを所有・経営する㈱内原カントリー倶楽部(茨城県)の株式全部を取得することで子会社化する。株式取得日は、今年5月15日を予定、同日から部ループの運営会社・パシフィックゴルフマネージメント㈱が運営を開始する


 内原CCは常磐道・友部スマートICから車で5分の好立地にあり、高低差最大3メートルのフラットな林間コース。元会員数は700名弱で、会社株式譲渡の為会員のプレー権等は承継となる。

 近隣にはPGMの運営コースも多く、同CC会員とグループ会員には相乗効果が期待できるとみている。

  
 
戻る


 観光日本㈱、茅ケ崎ゴルフ倶楽部経営撤退で代替え案提示


 観光日本㈱は、茅ケ崎GCの3月末の運営撤退に伴い会員に対し、代替え案を示している。

 現在、㈱武蔵野が地権者である神奈川県、茅ケ崎共同㈱から借り受けている観光日本㈱からの転貸に運営しており(2年間の暫定利用)、運営はパブリックでありながら4月中はメンバー料金を設定、5月以降は改めて告知される予定となっている。

 これにより会員は同GCでのプレー権がなくなり、名義書換も不可能になった。このため観光日本㈱は、安達建設グループの他7コース(京都GCや茨城GC等)を当初5年間、年会費(3.6万円 税別)無料で利用できることに決めたようだ。5年ごとの更新で会員の問い合わせは4月末まで同GCで受け付けている。

 退会希望者には抽選での預託金返還をするが、償還額は「毎年一定程度」(概ねキャッシュフローの80%)を限度に抽選返還する。抽選償還は一昨年から始まったが、昨年度は余剰が出ず見送られた。今年は受付中で、その詳細は昨年度の決算次第としている。

 
戻る


 山武グリーンCC(千葉県)PGMとのリース契約解消


 平成17年3月に民事再生法を申請、自主再建ながら資金的な支援を受けるためにPGMとリーズ契約をしていた、山武グリーンCC(18H)が、期間満了(H17.2~H27.2 3月は移行期間)のため契約を解消し、4月1日から直営に切替えた。

 これにより、PGMのオンライ予約サービス等も終了となる。

 一方このほど㈱山武グリーンCCの代表に就任した加藤定睛社長は「直営ゴルフ場となったので、Webによる予約などは行わず、グループのグリッサンドGC(千葉県)と同じように会員重視の経営・運営を行う」と語っている。

 
戻る


 ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部(静岡県)4月1日にリニューアル、カジュアルコースに!


 ベルビュー長尾GC(18H)が4月1日にリニューアルオープンした。

 クラブハウスは1階部分のマスター室をフロントにリニューアル。ティラウンジの休憩所をカフェコーナーとして軽食を提供。従来のレストランや浴室は閉鎖した。

 プレースタイルもスループレーでキャディバッグはお客が自らカートに運ぶセルフスタイル。ブレザー着用などの堅苦しいドレスコードもなく、カジュアルなゴルフ場に変貌した。

 今後シャワーを再整備する計画もあるが、当面、希望者には隣接している姉妹コースの御殿場GCの浴室を有料で利用できるよう手配するとしている。

 ゴルフ場のカジュアル化は、大手運営グループでも増やしており、今後も増えていきそうな雰囲気だ。

 
 
戻る


 初穂カントリークラブ白沢高原コース(群馬県)ゴルフ場内で託児サービス開始


 群馬県の初穂CC白沢高原コース(18H)は、4月から託児サービスの「はつほキッズクラブ」を開始した。

 レストランスタッフが保育士の免許を持っていたため、同サービスに繋がったようだ。託児所はクラブハウス内の2階ロビーに設置、託児時間は午前8時から午後5時まで可能で、ゴルフ場のテック印と同時に子供を預けることが出来、後半スタート前に様子を見ることも可能。対象年齢は1歳から小学生までの健康なお子様としている。
定員は最大10名。

 同CCは付帯で白沢高原ホテルの運営しており、自慢は天然温泉「初穂 美肌の湯」。宿泊ゴルフプランも用意されている。

 
戻る


 長野京急カントリークラブ(長野県)4月中旬に営業を再開


 長野京急CC(18H)は、地元自治体等との協議で合意した用法、用量を超えた農薬を使用していたとして昨年8月12日からゴルフ場の営業を一時休止していたが、4月中旬に営業を再開すると発表した。

 今回は営業再開にあたり、今までの協定を一部見直し、水質検査を今まで以上に実施するとした内容で県、長野市、飯綱町(旧牟礼村)の3自治体と協定を締結、地元2つの自治区とも3月末までに合意に至ったとしている。

 但し、この協定は無効3年間の暫定的なもので、3年後の平成30年に改めて協定を結ぶ予定としている。

 
 
戻る


 スカイウェイカントリー倶楽部(千葉県) アコーディアがスポンサー契約


 3月31日、スカイウェイCCを経営する㈱スカイウェイカントリー倶楽部はアコーディア・ゴルフとの間にスポンサー契約を締結し、同日、東京地裁に民事再生手続きの開始申し立てを行った。

 負債総額は約53億5500万円で、うち会員預託金が約52億9200万円と大半を占めている。今回の民事再生申立にあっては、負債の大半が預託金で金融債務もない状況でスポンサー型支援が決まっており、一部会員の中に同方針に反対の意見を表明する動きがあるなど、今後が注目される。

 スカイウェイCCは大昭和製紙グループのパブリックゴルフ場として昭和53年に発足、57年に会員制に移行した。大昭和製紙グループから離れた後は、十里木CC(静岡県)などと同様に斉藤一族の経営となっていた。その十里木CCも平成18年に民事再生法を申請し、GSグループを経て、現在はアコーディアが運営している。

 
戻る


 茅ケ崎ゴルフ倶楽部(神奈川県)7月末までのプレーを受付


 暫定的に2年間ゴルフ場として運営を継続できるようになった茅ケ崎GCが、4月~7月までのプレー予約を3月24日から始めている。

 当面プレー代は4月中でメンバー7,740円、ビジターで平日1万3,540円、土日祝日で1万6,540円とホームページで案内、5月以降のメンバー料金適用についてはまだ不明。

 経営会社の観光日本㈱は3月末に撤退、一時スポンサー候補となった㈱武蔵野が中心となり暫定営業を行う事になった模様。

 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ


ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasa@tsubasagolf.com