ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2015年11月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 旧鷹彦スリーCC(茨城県)の関係3社、11月10日破産手続廃止決定


 今年3月23日に自己破産を申請し、同日東京地裁から破産手続き開始決定を受けた、旧鷹彦スリーC関係3社の第2回債権者集会が11月11日に開催され、その中で前日に破産手続き廃止決定となったことがわかった。

 破産財団をもって破産手続き費用を支弁することができず廃止決定となったようだ。

 管財人は「優先債権も按分した状況で、会員など一般債権者への配当は無理だった」と説明している。

 尚、現在、ゴルフ場は㈱ノザワワールドが買収し、今年7月18日から「袋田の滝カントリークラブ太子コース」に名称変更し営業を再開している。旧会員は一代限りの権利で、登録無料で受け入れている。

 
戻る


 取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県)、東コース リニューアルオープン


 茨城県の取手国際GC(36H)は、昨年8月からクローズし改修工事を行っていた東コースを11月3日リニューアルオープンした。

 アスリート受けの東コースは、今回の改造で戦略性がさらに高まったが、どのスキルのゴルファーでも楽しめるゴルフコースに仕上がるようにと、改造監修の青木プロからティグランドの新設、改修、移動についても細かな指示を受けたとしている。

 リニューアル後の東コースのプレースタイルは、GPS付乗用カート導入に時代後半の伴い、原則乗用カートによるセルフとなっている。キャディ付プレーについては、メンバー同伴かつスタート時間が8時台後半の8組(イン、アウト各4組)に限り受付けている。

 ビジターのプレー料金は平日22,800円、土日祝日30,360円(グリーンフィ、諸経費、ゴルフ場利用税、消費税、乗用カートフィ2,000円含む)

 
戻る


 茅ケ崎ゴルフ倶楽部(神奈川県)跡地の利活用基本方針決定

 
 茅ケ崎GC(9H)の土地を保有する神奈川県や茅ケ崎市等3社は、11月10日に「茅ケ崎ゴルフ場の利活用基本方針」を発表した。

 跡地利活用のテーマは「新たな街づくりによる湘南地域の活性化の実現」として、①災害に強い安全安心、②雄大な海と豊かな自然を活かした浜辺などの街づくりを想定。求めたい機能としては①延焼火災からの避難場所としての公園の確保、②湘南の松林や海浜と調和した緑の空間の確保、③国道134号へ接道する道路の整備を必須機能として義務付けた。

 11月24日からは「事業者の皆様との対話」としておもに必須機能に関連した対話を個別に行う方針。12月以降、事業者の募集、28年度中に事業候補者を決定する計画。

 これまでも賃貸料は変更しない方針からゴルフ場事業の継続は難しいとみられていたが、ゴルフ場を継続するにあたり、緑の保全等での効用や収益面で他社に比べて優位性を示さない限り、新たな整備事業を提案する事業者が有力になるとみられている。

 
戻る


 新バークレイカントリークラブ(栃木県)10月末で一旦営業休止に


 今年9月9日~11日にかけての豪雨で、土砂が流出して一部ホールが使用不能となった新バークレイCCは、10月10日から行っていた6ホール廻り放題の営業を10月末で取りやめ、従業員も一旦解雇して一時休業することが分かった。

 復旧に向けての当初の工事見積もりでは3カ月程度とみられていたようだが、被害の大きさから大手建設会社に工事見積もりを頼んだところ、工事期間で8か月、芝の養生を含めれば1年間を要することが分かったという。

 しかも見積額も億単位以上の想定を超える金額に上ったようで、暫定的に行っていた6ホールでの営業を断念、抜本的に検討することになったという。

 数十年に一度といわれた今回の豪雨では、農業に対する補償等は取られたが、産業向けには低利融資制度があるくらいで保証制度は特にない。豪雨被害のゴルフ場の中でも同CCが規模、被害額とも一番大きくなったようだ。

 
 
戻る


 佐久平カントリークラブ(長野県)メガソーラ―へ事業転換


 佐久平CC(18H)経営の㈱佐久平カントリークラブは、メガソーラ―へ事業転換することを決め、11月1日から名変を停止した。

 同ゴルフ場は、昭和43年8月に開場して以来、預託金会員制ゴルフ場として営業を続けてきたが、ゴルフ人口の激減等が主要因となって顧客争奪競争がますます激化し、大変厳しい経営環境にあり、このままゴルフ場の事業を継続していけば、いずれ経営が破たんし、預託金返還も不可能等として、預託金償還原資を確保できるうちに、ゴルフ場事業を廃止せざるを得ないとの決断に至ったという。

 会員には預託金全額を返還する方針で、ゴルフ場は来年3月末で閉鎖する予定としている。

 
戻る


 アコーディア・ゴルフ スカイウェイカントリー倶楽部(千葉県)を子会社化

 
 今年3月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した㈱スカイウェイカントリー倶楽部とスポンサー契約を結んでいる㈱アコーディア・ゴルフが、10月27日に同CCの株式を取得したと発表した。

 アコーディアが同CCとスポンサー契約を発表した当初は会員の反発もあり会社更生手続きの申立もされたが、結果的に過半数の賛成でアコーディア入りが決定してた。

 会員への弁済率は「債権額から10万円を控除した額の50%+10万円」

 
戻る


 太平洋クラブ 来年2月末まで正会員への移籍受付


 ㈱太平洋クラブは、太平洋アソシエイツ会員等からの太平洋クラブ会員への移籍及び、太平洋クラブパーソナル会員等からの正会員への種別変更手続きを受け付けると発表した。期限は来年2月末まで。

 移籍金額は、現在募集している会員金額との差額+別途手数料20万円(税別)。
 
 例:正会員 募集金額600万円
   ・太平洋アソシエイツパーソナル(360万円)→差額240万円+手数料20万円
   ・太平洋クラブコーポレート(450万円)   →差額150万円+手数料20万円
 
   詳しくは

 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasagolf@tsubasagolf.com