ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2016年9月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 ザ・ロイヤルゴルフクラブ(茨城県)9月22日にプレオープン


 1月7日からコースを閉鎖し、改造工事を行っていた、カバヤ食品・オハヨー乳業グループのザ・ロイヤルGCが、工事を終え、9月22日にプレオープンした。

 一般営業は9月24日からで、クラブハウスは来春のグランドオープンまでリノベーションのため使わず、仮設クラブハウス(テント)にての営業となる。

 元々8000ヤードを超える距離のあったフラットなコースだったが、フェアウェイにもアンジュレーションを加えるなどで造形美と戦略性を高めたようだ。

 プレオープン期間中のプレー料金は、メンバーが7,000円(利用税含め税別・昼食代等別)でビジターは平日18,000円(利用税含め税込・昼食代キャディフィ込)、土日祝日は23,000円とプレオープンより2~3割値上げとなった。

 プレオープン期間中は浴室は使えず、シャワーのみ使用可。また、今後のプレーは全てキャディ付となっており、グランドオープン後もプレー料金は改定する予定。

 尚、会員募集については、コース完成後視察プレーを受け付けながら実施する計画もあったが未定となっている。
 
戻る


 白河国際GC(福島県)安達太良コースを閉鎖


 福島県内で保有・運営の2コースと、運営受託3コースの計5コースを運営する㈱カネキが、年内で一部コースの営業を終了することがわかった。

 1つは白河国際CC(36H)の安達太良コース(18H)。継続して営業するのは那須9Hと磐梯9Hの計18Hとロッジ。安達太良の18Hは今年11月30日まで営業し、閉鎖。18Hのうち15Hを一条工務店に売却し、メガソーラ―に転用するようだ。

 一条工務店といえば、カネキが運営受託をしている3コース(大玉CC・勿来CC・西の郷CC/韓国系の㈱大河が3ゴルフ場から26年に撤退する際土地を一条工務店に売却、ゴルフ場事業はカネキに事業譲渡していた)の所有者。

 このうち、西の郷CCは今年11月30日までの営業で、ゴルフ場を閉鎖することが決まったという。跡地は同様にメガソーラ―用に供せられる予定だが、発電事業者は一条工務店ではなく、別の事業者に売却される方針という。

 一条工務店は、メガソーラ―事業を視野に入れてゴルフ場を取得しているとみられたが、発電所建設にあっての何らかの事情で売却するようだ。

 
 
戻る


 伊豆ゴルフ開発㈱ 9月1日に特別清算開始決定


 H26年9月にマレーシアの州王関係者などで組織した投資家グループに営業譲渡をしていた、旧伊豆GC(静岡県)経営の伊豆ゴルフ開発㈱が、9月1日に東京地裁から特別清算開始の決定を受けた。

 負債は債権者の約559名に対し、約100億12百万円。会員は500名強で預託金は約30億円としている。申請代理人は年内に特別清算協定案を示す方針。弁済率は未定ながら、会員には一律で弁済する方針という。

 現在、同ゴルフ場は新経営で伊豆ハイツゴルフクラブ名で営業を継続している。

 また、営業譲渡時には、預託金は承継せず同GC会員のプレー権に関しては当時3年間はメンバー扱いで処遇すると案内している。

 
 
戻る


 横浜カントリークラブ(神奈川県)西コースリニューアルオープン


 横浜CC(36H)は、H26年8月から行っていた西コース改修工事が完了し、9月8日にリニューアルオープンした。

 ラフ以外を全面的に再造成し、改修内容は2グリーンをベント1グリーンに、ティグラウンドを3カ所から5カ所に、ボックス型のティグランドを廃止しフェアウェイの一部をティーに利用し戦略性を高め、フェアウェイ幅を120~140%広くした等。

 また、西18番とクラブハウスまで距離があり、西19番というエキストラホールを設けて、遊び心も取り入れた盛り沢山な内容となっている。

 改造設計を担当したのは、アメリカの上位ランクコースの設計監修等を多く手掛けているクーア&クレンショーのビル・クーア氏とベン・クレンショープロ。

 
戻る


 青山高原カントリークラブ(三重県)自主再建型の再生計画案可決


 青山高原CC(18H)を経営し、今年1月27日に民事再生法の適用を申請した藤信興産㈱の再生計画案が8月19日に名古屋地裁から認可決定を受けた。

 同計画案は自主再建型で、親法人である学校法人・藤田学園(愛知県豊明市)の支援を受けて再建する計画となっている。

 同社の負債は約51億円で、そのうち会員約590名の預託金額は約41億円。預託金額は100万円台から4000万円まであり、金額により弁済率が異なるとしている。

 会員全員に弁済金を支払うが、会員としてのプレー権は継続するとしている。会員権は無額面で、譲渡は可能になる模様だという。

 
戻る


 北海道クラシックGC名変再開、北海道クラシックGC帯広年内営業休止


 クラシックグループが運営する北海道クラシックGC(18H)は募集を終え、9月1日から名変を再開した。
 名変料は200万円(税別)で親族間(三親等内)登録人名変料及び同一法人内登録人名変料はともに20万円、入会条件は日本国籍等としている。現在の会員数は約900名という。

 また、北海道クラシックGC帯広(36H)は、8月31日に上陸した台風10号の影響でコース周辺に甚大な被害を受け、”年内営業休止”をHPで案内している。電話も不通の状況で、現在は同じグループの帯広白樺CCが電話転送により対応している。

 
戻る


 ㈱東京クラシック 9月1日から株主3次募集開始


 ㈱東京クラシックは株主3次募集を9月1日から開始、募集金額は1株当たり1400万円で申し込み開始は9月16日以降、募集株数は50株となっている。

 出資条件は東京クラシッククラブのビジョンに賛同する方としており、株主1名の推薦+書類審査+コミッティメンバー(東京クラシッククラブ発起人)の面接がある。

 株主優待制度として全施設の優先利用権があるが、乗馬クラブ、クラインガーデン(貸農園)等を利用できるクラブへの入会には別途入会手続き(入会金350万円、月会費3万円)が必要。特典は土日祝日同伴者3名プレー可(株主以外のクラブメンバーは本人のみプレー可)等がある。東京クラシッククラブ(千葉県・18H)は、今年5月14日に仮オープンしている。

   
 
戻る


 鴻巣カントリークラブ(埼玉県)Aグリーンをチャンピオンドワーフに張替え


 関文グループの鴻巣CC(18H)は、2ベントグリーンのうちAグリーンを暑さに強いバミューダ芝のチャンピオンドワーフに張替え、8月13日から使用を開始した。ボールの転がりもベントグリーンと変わらず、来場者には好評。

 今年40周年を迎える同ゴルフ場は、クラブハウスの改修等を行ってきたが、グリーン改修はその集大成でメンバーサービスの一環でもあるという。

 
戻る


 ゴールデンパームカントリークラブ(鹿児島県)民事再生法申請


 ゴールデンパームCCを経営する吉田ゴルフ開発㈱が8月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 同社は平成元年6月に設立、ゴルフ場開発のため、建築・マンション分譲の有村建設㈱の100%出資で設立された。平成3年10月に開発認可を受け、総事業費150億円を見込み、東京、関西など県外を中心に募集する考えで業界初の”返金”制度の導入や隔日会員を募集したり、また平成7年の開場時からトッププロ招待のイベントを開催するなど話題を巻いた。

 負債総額は債権者2094名に対し、約166億8700万円(うち預託金約54億円)となっている。

 
 
戻る


 トミーヒルズゴルフクラブ栃木コース(栃木県)閉鎖しメガソーラ―に転用


 栃木県のトミーヒルズGC栃木コース(18H)が7月3日付でゴルフ場を閉鎖したことが分かった。
 跡地についてはメガソーラ―への転用が決まっている模様。

 姉妹コースのトミーヒルズGC鹿沼コース(18H)は引き続き営業する。

 
 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasagolf@tsubasagolf.com